「トータルエネルギーカップ(シニア)」のUSTREAM生中継がめちゃんこ斬新&面白い!

海外ツアーネタではないですが、これは非常に面白いコンテンツだったので紹介しておきます!


昨日からGDOさんがシニアツアーの「トータルエネルギーカップ PGAフィランスロピーシニアトーナメント」の模様をUSTREAMで生中継しています。全選手の1番ホールのティショット、そして18番グリーンでホールアウトする全選手のショットを流しています。


さきほど2日目の1番ホールからの中継が終わり、12時頃に18番ホールからの中継を開始するとのことです。午前中の中継で同時接続300人を越えていましたし、かなりの反響なのではないでしょうか。


>ライブ映像はこちら



Try Ustream's free video streaming desktop app


米PGAツアーでもビッグトーナメントでは特定のホールからネット生中継をやっていて、なにせ全選手が通過していくわけですから、テレビとは一味違った解説が聞けて面白いのですが、今回のGDOさんの中継で面白いなーと思ったのは、スタートする前の選手たちにカメラの前に来てもらって一言抱負を言ってもらっているのです。


「今日も頑張ります」


と淡々とした人もいれば、


3打差で首位を走っているにも関わらず、


「(同組の)加瀬さんについていきます」


と笑かせてくれる佐藤プロのような人もいれば、


地べたに置いてあるPCを見て、


「これで(UST中継)流れるんですか?」(伊藤正巳プロ)


と絡んでくる選手もいたりと、組と組の間の間延びしそうな時間を愉快なおじさまたち(スミマセン!)の絡みでうまく埋めていて飽きない!これはさすがの米PGAツアーでもできない中継ですね(米シニアならやれそう・・・)。シニアだからできる中継なのかもしれないですが、出ている選手や試合に親近感が湧くというか、この大会の存在すら知らなかった人たちにとっては次のきっかけになるコンテンツだなー、と感心!


午前中だけで同時接続300人で、これがもっと拡散していけば主催者側もネットは無視できなくなってくるわけで、長年のテーマでもある「テレビ中継とネット速報」の問題も次のフェーズに進んでいくんじゃないかしら・・・。やっぱり手軽でいつでも見れて、なにより即時性のある媒体でゴルフ中継は見てみたいものです。


んでもって、改めて思ったのは、


やっぱネットは「コンテンツ」命。


久しぶりに魂を感じるゴルフコンテンツだったので勢いで紹介しちゃいましたとさ!


中継の詳細はこちらから

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com