HSBC女子チャンピオンズ2日目速報:ポーラ・クリーマー、「具合悪い方がスコア良い」方程式が理解不能な件

米国LPGAツアー関連のRSS配信しているニュースのタイミングがなんかおかしいな~と思っていたら、今週の米国女子ツアーはまだアジア圏でやってたんですね。早朝からザ・ホンダクラシックに心奪われてました。しかも今朝4時過ぎにウオッカがドバイで走っていたため、朝っぱらからグリーンチャンネル⇒ゴルフチャンネルの往復。さすがに眠いわ。


何の因果関係もないですが、そんな僕よりも(恐らく)ずっと具合が悪いであろう選手がその女子ツアー「HSBC女子チャンピオンズ」の2日目を終えてトップに立っているみたいです。


先週の「ホンダLPGAタイランド」で最終日大崩れをしたポーラ・クリーマーが6アンダーでジェーン・パークと並んで首位タイ。ちょっとご無沙汰な金美賢(キム・ミヒョン)がこの日4アンダーで回って5アンダーで3位タイ、4位タイと好スタートを切った宮里藍は2日目をイーブンパーで5位タイに入っている。上田桃子は通算イーブンパーの27位タイ、大山志保は5オーバーの58位と撃沈気味。

paulacreamer0306.JPG
photo: lpga.com


先週のポーラのプレーを見て、まさか今週優勝争いに入ってくるとは・・・。上記写真、先週の最終ホールを終えた時の一枚。完全に慰められてます。


最終日、3打差をつけて首位スタートしたものの、パッティングに苦しみ自滅の連続でスコアを崩した。気付いたらロレーナ・オチョアに追い付かれ、追い越され、そして最後には4打差を付けられて3位で終了した。「私の日じゃなかった。ロレーナは素晴らしいプレーをしていたし、私がもっといいプレーをしていても今日の彼女を破るのは難しかったと思う...全くチャンスを生かしきれなかった」と振り返ったポーラ。


そして舞台をシンガポールに移し、仕切り直し!・・・と行きたかったが、今度は食中毒のような症状に掛かり目まい、寒気などに襲われながら初日をプレー。


「なぜか、具合の悪い時ほど良いプレーができるの。原因は分からないんだけど。ひょっとしたらもっとリラックスできていて、ゴルフ以外のことに神経を使っているからかな...。全ては気持ちの持ちようだと思うわ」とラウンド後のポーラ。初日から5アンダーで首位に立ち、2日目もぎりぎり首位タイの座を死守した。


具合が悪い時ほど良いプレーができる...。んー、分からん!アマチュアには分からない感覚ですね。二日酔いでゴルフをした時なんてまともなスコア出たことないし、自棄酒を飲んで「酔拳」で挑んだラウンドの後半なんて目も当てられないスコアになってます。


でも、きっとポーラの中ではバランスがうまく取れているのでしょう。あと2日間、それが保てるかは別問題として。逆に体調が良くなったらスコアが悪くなる可能性もあるわけで...。


プロゴルファーって不思議な感性を持った生き物ですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com