パク・インビ、歴史に名を刻むメジャー3連勝


全米女子が始まる前から、また韓国人選手が優勝するんでしょ的なオーラが流れていて、パク・インビが2位以下に4打差をつけて優勝してもいまいちその快挙のすごみが報道内容を見ていると伝わってこない。というか、アメリカのメディアは自国のナショナルチャンピオンシップで自国の選手が勝てないから、とりあえずサラッと結果を流してる感じがするし、日本の媒体見ても同様。「今」歴史が変わろうとしている実感があまり伝わってこない。


あのアニカ、ロレーナ、カリー・ウェブ、ヤニ、そしてタイガーでも成し遂げなかったことをやろうとしているのに...。


てことで、冷静にその快挙を振り返っておきます。


inbeepark20130701.jpg
photo: zimbio.com


パク・インビの全米女子オープン優勝メモです。

==========================================
全米女子オープン優勝で今季のメジャー3連勝。年の最初のメジャーから3つ続けて勝つのは63年ぶり、LPGA史上2人目の快挙。1950年、ベーブ・ザハリアスがその当時行われていた3メジャー(タイトルホルダーズ・チャンピオンシップ→女子ウェスターンオープン→全米女子オープン)を全て制覇して以来の快挙。ちなみに、年間でメジャー3勝した選手も他に2名しかいない。共に殿堂入りしているミッキー・ライト(1961年)と甥キーガンの活躍で近年再び名前を聞くようになったパット・ブラッドリー(1986年)。


・8月の全英リコー女子オープンでパク・インビはゴルフ界初となる「年間グランドスラム」を狙う。LPGAのみならず、男子ツアー、シニアツアーでも、メジャーが4試合制になってから年間を通して全勝した選手は過去にいない。LPGAでは1961から62年にかけてミッキー・ライトが、男子ツアーではタイガー・ウッズが2000年から2001年にかけて「4連勝」のグランドスラムを達成した記録はある。


・今年からエビアン・マスターズもメジャー大会に昇格したため、LPGAツアーはメジャーが5試合になる。そもそも「グランドスラム」という言葉は野球の「満塁ホームラン=4点」から来ているので、果たして5つ勝つことにどのような称号がつくかは不明ですが、少なくとも全英リコーを優勝すれば昨年までの基準で言えば、「年間グランドスラム」(と当たり前ですが「キャリアグランドスラム(生涯を通して全メジャーを勝つこと))を同時に達成することになる。


・パク・インビはこれで今季6勝目。過去24試合に限ってみれば、8勝、2位(タイ含む)が5回と、実に50%以上の確率で2位以上に入っている。驚異的な数字だ。
==========================================


最終日の前夜、彼女は緊張から寝付くことができず、午後11時になって同じ仮宿に宿泊していた母親を呼んだのだとか。家族、友人、そして韓国で応援してくれている多くのファンを落胆させてしまうのではないか、と心中を打ち明けたそうなのです。


「お母さん、本当に私にできると思う?もし明日何か起きても...あまり期待しないでね」


と。母親のサン・キムさんは


「大丈夫。心配しないで。勝ってもOK、負けてもOK。どっちに転がっても私たちはハッピーだから」


と励ましたのだとか。


そして、翌日―


「これが夢でないことを願います。明日目が覚めてまた最終日をプレーするなんて嫌です。


「ベーブ・ザハリアスさんのような方と並んで自分の名前が刻まれることは光栄です。自分が今日何をやってのけたのか実感がない。でも素晴らしい快挙だということは分かってる。これから自分が達成できてしまうことを考えると恐いです。


「信じられないかもしれないけど、今日はとても平常心でした。変な感覚だった。コースに出てしまえば、あまりプレッシャーは感じませんでした。昨日は緊張しっぱなしだったけど、コース上ではとっても落ち着いてました。


「これでメジャー3連勝だけど、次のを考えるのには時期尚早かな。今回の優勝の余韻に浸りたい。グランドスラムはとてつもない記録だけど...こんな機会は二度とないと思う。今年それを達成できるチャンスは大きいと思っている。


「生涯通じての目標の一つに、『グランドスラム』ではなくて、『キャリアグランドスラム』があった。まだ達成したわけじゃないけど、キャリアグランドスラムで十分です。グランドスラムができれば、それに越したことはないけど...。引き続き努力しなければいけないし、それを達成するためにはまだまだ。セントアンドリュースでそれに挑めることは光栄です。素晴らしい経験になると思う。達成できてもできなくても、私はとてもラッキーな人間です」


今年の全英リコー女子オープンの開催コースは「聖地」セントアンドリュース。2007年以来、女子の全英を開催するのは2度目となる。ゴルフ発祥の地とも言われるセントアンドリュースでは、これまで様々なドラマと歴史が生まれてきた。タイガーがキャリアグランドスラムを達成した2000年の全英オープンも、そう、セントアンドリュースの地でした。


全英女子開幕まであと31日―歴史へのカウントダウンはもう始まってます!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com