藍ちゃん、惜しくも4位タイ!ホール毎の最終日映像

「P&GビューティーNWアーカンソー選手権」の最終日、宮里藍は4つスコアを伸ばし通算13アンダー、4位タイでフィニッシュ。上位陣が苦しむ中、あと一歩のところまで詰め寄るも、またしても初優勝はおあずけとなった。

最終日のラウンドをネット中継(アメリカのLPGAサイト)でずっと見てました。要所で藍ちゃんのプレーが紹介されていましたので、ホール毎に動画作ってみました。(またまた)PCの画面をキャプチャーしたものですので、画質が少し劣化していること、予めご了承ください  m(_ _)m


前日は雨の影響でグリーンが遅くなっていたが、この日は晴天でグリーンも乾いていた。それでも少し湿ったグリーンのラインを読み切れないシーンが多々見られた。やはり天候が一日おきに変わると、グリーン上での微妙なタッチの差が勝負の分かれ目となる。

ラウンドが始まる前に書いたが、9アンダー、首位とは3打差でスタートした藍ちゃんが逆転するには最低でも6アンダーで回らなければならなかった。最後の2ホールまで団子状態の接戦を制したのは韓国のイ・ソンファ。最後の18番でバーディを決め、15アンダーで混戦を制した。

上田桃子は通算4アンダー、43位タイで終了している。

それでは、藍ちゃんの動画をどうぞ♪

■12番ホール(パー)


■13番ホール(バーディ)


■14番ホール(バーディ)


■15,16番ホール


■17,18番ホール


【PR】
ゴルフダイジェスト・オンライン
【セレクトショップ】キャロウェイゴルフ

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com