ミッシェル・ウィ、QT出場へ

あまり活躍していないにも関わらず何かと話題のミッシェル・ウィ。一時(現在?)のジョン・デーリーのような気もしないでもないが、現時点では来季以降のツアー資格がないため彼女の動向が注目されていた。結局は最も無難なクオリファイングトーナメント(QT)に出場し、来季の出場権を獲得することを明らかにした。

20080910wie.jpg
photo: espn.com


米LPGAツアーのQTは2段階になっていて、まずは9月16~19日の日程でカリフォルニア州、ミッションヒルズCCで地区予選が開催される。このコースは、ウィが13歳にしてメジャー大会「クラフトナビスコチャンピオンシップ」の最終日最終組で回った思い出の場所。この地区予選の上位30名がファイナルQTに進出する。ファイナルQTはLPGAの本拠地でもあるフロリダ州デイトナビーチのホームコースで開催され、上位20名(または20位タイ)が来季の出場権を得る。


ウィが最後に出場した大会はカナディアン女子オープンの12位タイ。その前には男子PGAツアーに出場、更にその前はアテストでスコアカードに署名するのを忘れてしまい失格処分となった。それでも「推薦枠」を利用して出場し続けるウィに冷ややかな目も向けられていた。


手首のケガから始まり、スコアカードサイン漏れなど、ここ1年くらいの悪い流れを絶つには絶好の機会。まともな状態でプレーをすればぶっちぎりで合格するだろうから、来季彼女の姿をツアーで見られるように頑張ってもらいたい。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com