「横峯のスロープレーはライターの火でパイを焼こうとしてるレベル」...クリスティーナ・キムの勘違いが度が過ぎている件

プロゴルファーのTwitterで人気を集めているクリスティーナ・キム。独自の世界観をファンと共有し、その気さくで明るい性格のままファンと交流しているツイッターとしてフォロワー数は9,000名以上いるようです。


先週の全米女子オープン期間中も何度か呟いていたのですが、その中に極めて気になる呟きが一つ・・・。


特に日本人としてはあまり見たくない呟きが・・・。

クリスティーナ・キムのTwitter


christinakim0712a.JPG
via twitter@TheChristinaKim


中継を細部まで見れていなかったのでどのような順番でコースに出ていたのかがいまいち不明なのですが(ペアリングも時間もチェックしたのですが、いまいち正確な情報がつかめず...)、全米女子オープン最終日を前に、キムは次のような呟きを残しています。


Phew, I'm glad I don't have to play behind Yokomine today. She's slower than trying to bake a pie with a lighter.


意訳すると、


「いやー、今日は横峯の後ろの組でプレーじゃなくてよかった。彼女のスロープレーは、ライターの火でパイを焼こうとするレベル」


推測するに、横峯さくらが前の組でプレーをしていたのでしょう。そして、腹が立っていたのでしょう。若干例えがわかりにくいですが、横峯のプレーを「ライターでパイを焼こうとする」ほど遅い行為、とぶった切っています。


確かに、横峯は決してファストプレーヤーではないですが、ここまでけなされるほど遅い選手だとは思えませんが・・・。


と、思っていた選手もいたようです。キムの呟きを見たブリタニー・リンシコムがすかさず、


she's not that bad. I played with her the last 3 days :)


「彼女はそこまで悪くないでしょ。ここ3日間一緒にプレーした :)」


するとキムがすかさずRE。


@Brittany1golf ugh. I played with her at the LPGA Championship. It was a disgrace. I have no patience for slow play lol


「おえっ! 私はLPGAチャンピオンシップで一緒に回った。恥さらしよ。私はスロープレーは一切我慢できない(笑)」


キムさん、「笑」の使い方間違ってる!


仮に、横峯がスロープレーで警告を受けていたら別の議論ですが、規定された時間内でプレーをしていた選手に対してこのような暴言はいかがなものかと思うなぁ。日本人選手だからなお更そう思うのはあるかと思いますが・・・。


Twitterで意見を述べるのは自由ですし、写真集にセミヌードで出てみたり(名誉のために言っておきますが、僕のストライクゾーンからは完全に暴投です!)、品格を疑ってしまう写真を公開したりするのもその人の自由です。ただ、自由の中の規律というか、最低限のルールは守った方がいいと思われます。


参考:その他クリスティーナ・キムの写真


さらに、アメリカツアーでカメラマンをやっているJJ田辺さんが先日ツイッターで


「今日(全米女子会場で)、撮ってたら、にらまれた。最近彼女(キム)、ヘンですね。こないだ、さくらちゃんと同組だったとき、さくらちゃんを撮ってたら、なにを勘違いしたのか、『もう(私を)撮らないで』と言われた。ヘン。」


と。何か勘違いしているのでしょうか・・・。ツイッターやデジタルメディアを通してファン全員の心をつかみ、支持されていると思い込んでいるのでしょうか・・・。


確かに、彼女が新しいファン獲得に一役かっているのは事実かもしれませんが、昔からのゴルフファンの中には彼女の「はちゃめちゃ」で「うるさい」プレースタイルにうんざりの人もいることでしょう。仮に彼女の同僚たちがそう思っていたとしても誰も公には口にしていないですし、ツアーを守るためにもそれが「プロ」の姿なのでは・・・。


デジタルメディアの怖いところは、相手の顔も表情も見えないまま言葉だけが先走りしてしまうこと。ファンとの交流のためにTwitterなどを使うのは素晴らしいことだと思いますが、もう少し謙虚な姿勢で取り組んでもらいたいものです。


そして、(ラウンド中にスロープレーで警告されていなかったのであれば)横峯さくらに謝ってほしいです。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com