【ゴルフが2016年オリンピック競技決定】もし今日開催されたらこんなメンバーです

プレジデンツカップが思いのほか楽しくてこんな大事な記事を書くのを忘れてしまってました・・・。


2016年のリオデジャネイロ五輪でゴルフが正式種目として承認され、開催されることが決定。気になるのはどのようなフォーマットで、誰が出場できるのか、等々。


少し調べてみました。

tigerwoods1019.jpg
photo: cbsnews.com


今回発表された内容によると、五輪ゴルフは次のような条件で開催を考えているそうです。


・男女60名による72ホールのストローク戦。1位から3位までの間で並んだ場合は3ホールによるプレーオフが検討中。
・ある時点での世界ランキングの順番で出場権利が確定する(いつの時点かは今後決定)。上位15名には自動的に出場権が与えられ、同じ出身国の選手が複数名いた場合でもOK。
・上位15名以降は、各国2名ずつに出場権が与えられる。ただし、上位15名以内の選手を含め2名の枠。例えば、アメリカ出身の選手が上位15名に2名以上いる場合、世界ランク16位がアメリカ出身だった場合は出場不可。


世界ランキングを元に出場権が与えられるため、「平等」でシンプルなフォーマット。


ただし、唯一不平不満があがるとすれば、各国一律で2枠与えられているため、実力者の多い国の選手は「枠を増やして欲しい」と言い始めるかもしれません・・・。例えば、10月初旬の世界ランキングを元にすると、16位のルーカス・グローバー(米国)は出場できないのに、390位のアンジェロ・キューというフィリピンの選手は出場できてしまうのです(60番目の選手)。


ある国の選手にしてみれば枠を増やして欲しいかもしれませんが、個人的にはオリンピックという舞台は世界各国のアスリートが「平等」に扱われることを優先してほしいな、と。ボブスレーのジャマイカチームではないですが、ジンバブエのゴルファーがタイガー・ウッズと対戦するのも、それはそれで見ごたえがあると思います。


そこで、もし今(10月9日時点)オリンピックのゴルフが開催されたら、こんな顔ぶれのトーナメントになります。


=====================================
【五輪出場選手60名(男子)】※10月9日時点
ランク/選手名(国名、世界ランク)
1. タイガー・ウッズ(米国、1)
2. フィル・ミケルソン(米国、2)
3. スティーブ・ストリッカー(米国、3)
4. ポール・ケイシー(英国・北愛、4)
5. ヘンリック・ステンソン(スウェーデン、5)
6. ケニー・ペリー(米国、6)
7. パドレイグ・ハリントン(アイルランド、7)
8. セルヒオ・ガルシア(スペイン、8)
9. ジム・フューリック(米国、9)
10. ジェフ・オギルビー(豪州、10)
11. リー・ウェストウッド(英国・北愛、11)
12. マーティン・ケイマー(ドイツ、12)
13. スチュワート・シンク(米国、13)
14. ショーン・オヘア(米国、14)
15. ビジェイ・シン(フィジー、15)
16. カミロ・ビジェガス(コロンビア、16)
17. レティーフ・グーセン(南ア、21)
18. アーニー・エルス(南ア、23)
19. ロバート・カールソン(スウェーデン、24)
20. アンヘル・カブレラ(アルゼンチン、28)
21. Y.E. ヤン(韓国、30)
22. マイク・ウィア(カナダ、31)
23. ロバート・アレンビー(豪州、32)
24. ソーレン・ケルドセン(デンマーク、33)
25. ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン、40)
26. ソーレン・ハンセン(デンマーク、42)
27. 石川遼(日本、43)
28. J.M.シン(インド、48)
29. 片山晋呉(日本、52)
30. トンチャイ・ジェイディ(タイ、53)
31. スティーブン・エイムズ(カナダ、59)
32. フランセスコ・モリナーリ(イタリア、67)
33. 崔京周(韓国、78)
34. プラヤド・マークセン(タイ、89)
35. トーマス・レベ(フランス、97)
36. 林 文堂(台湾、99)
37. アンドレ・ロメロ(アルゼンチン、103)
38. デビッド・スメイル(ニュージーランド、108)
39. エドアード・モリナーリ(イタリア、111)
40. ダニー・リー(ニュージーランド、125)
41. ラフィエル・ジャクリン(フランス、138)
42. ニコラス・コルサーツ(ベルギー、166)
43. ピーター・ローリー(アイルランド、170)
44. G・ブラー(インド、172)
45. ウェンチョン・リャン(中国、192)
46. ロバート・ジャン・ダークセン(オランダ、201)
47. アレックス・チェイカ(ドイツ、210)
48. フェリーペ・アギラー(チリ、211)
49. マーカス・ブライアー(オーストリア、228)
50. ホセ・フェリペ・リマ(ポルトガル、232)
51. ブレンダン・デ・ヨング(ジンバブエ、269)
52. チービン・ラム(シンガポール、271)
53. ルーペ・カッコ(フィンランド、278)
54. ファブリジオ・ザノッティー(パラグアイ、282)
55. マーク・カユー(ジンバブエ、288)
56. マーティーン・ラフェーバー(オランダ、314)
57. 呂 文徳(台湾、317)
58. ヘンリック・ビョンスタッド(ノルウェイ、350)
59. ユビック・パグンサン(フィリピン、374)
60. アンジェロ・キュー(フィリピン、390)
=====================================


日本からは石川遼片山晋呉今田竜二ではないんですね(ショック)・・・。ザック・ジョンソン、ハンター・メイハン、アンソニー・キムロリー・マッキロイルーク・ドナルド、ロス・フィッシャー、イアン・ポールター、ティム・クラークらビッグトーナメントで活躍している選手も漏れているのが分かります。このフォーマットで選出されているのであれば仕方がないことでしょう。


実績だけでみれば上位陣の優位は明らかですが、思わぬ番狂わせが起こりえるのがオリンピックという舞台。


7年後か・・・。石川遼は24歳、タイガーは40歳。ケニー・ペリーなんて56歳になってます。


果たしてどんなメンバーになるのでしょうか。石川、マッキロイ、ダニー・リー、それ以外にも新たなスターが現われているのでしょうか・・・。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com