デビッド・トムズ、予選落ちでも全米&全英オープンの出場権獲得!

先週のHPバイロン・ネルソン・クラシックはワールドランキング50位近辺をうろついている選手にとっては大一番だったはず。それもそのはず、バイロン・ネルソン・クラシック後のワールドランキング上位50名には自動的に全米オープン(ベスペイジ・ブラック)、全英オープン(ターンベリー)への出場権が与えられるのです。


歴代優勝者であれば心配することはありませんが、デビッド・トムズのようにそうでない選手にとってはヒヤヒヤしたはず・・・下の選手が一気に活躍したらどうしよう!?予選落ちしたらランキングは大丈夫か!?


そんな中、トムズは見事に予選落ちしてしまったのです。しかし、ある男の選択に救われたのです。

davidtoms0527.jpg
photo: golfersmd


先週を終えた段階で47位だったトムズ。今季12試合出場でトップ10入り5回と好調だっただけに、101位タイの予選落ちはまさかの誤算。この結果、トムズは3つポジションを落とし、50位に。


前週は49位だったオーストラリアのアーロン・バデリーがなぜかこのバイロンネルソンを欠場!その結果、何もせずに2つ落ちたバデリーがアウト、トムズは滑り込みセーフで50位に止まったのです。欧州ツアーのBMW PGA選手権でスペインのゴンザロ・フェルナンデス・カスタノが一気に11もポジションを上げて49位に入ってきていたのです。トムズにとっては正に冷や汗ものだったことでしょう。


こういう運を味方に付けた選手って本番でも怖いですよね・・・。


それよか、なんでバデリーは出場すらしなかっただろう!?全英、全米オープンに出たくないの!?家庭の事情でもあったのでしょうか。


最新のワールドランキングはこちらから

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com