マスターズイベントに飛び入り参加!ジョン・デイリーの自虐的すぎる「Knockin On Heaven's Door」が上手い&面白い!

先日、ジョン・デイリー新たな職に就いたことはお伝えしました。試合に出たくても出られない、そんな状況に自棄になってるのでしょう。すごい勢いで転職活動しているみたいですw


店番をやってみたと思ったら、今度はバンドのボーカルとして公の場に出てきたようです!

マスターズに向けて開催されたチャリティライブコンサートDrive for Show, Rock Fore! Doughに飛び入り参加していたのです。


しかも、な、な、なんと、グラミー賞も受賞し、名曲「レット・ハー・クライ」などで一躍有名になった「Hootie & The Blowfish(フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ)」と共演!


ジョン・デイリーの生声、聞いてあげてください!


Sports Videos, News, Blogs


この曲、ご存知の通り、ボブ・ディランの原曲でガンズ・アンド・ローゼズや日本人ではTOKIOの長瀬智也など多くのアーティストたちがコピーで歌っています。


しかし!そこはさすがのエンターテイナーのデイリー!この名曲の歌詞を一部アレンジしているのです(動画の3分のあたり)。


「I haven't made a cut in weeks/and my career, it looks so bleak」
(ずっと予選も通過してないし・・・俺のキャリアはお先真っ暗だ)


すげーぞ、ジョン!そこまで自虐的になってくれたら、外野も安心していじれるってことですねww


とにかく、今後、ジョン・デイリーから目が離せませんね。次のメジャーは全米オープン。どんなサプライズ演出をしてくれるのでしょうか・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com