マスターズ最終日:ウェストウッド落として、フィルがトラブル、そして崔京周がトップタイ!

最終組、並んでいたフィル・ミケルソンとリー・ウェストウッドが前半を終了。9番でウェストウッドがパーパットを外し11アンダーに後退。ミケルソンが一瞬単独首位に立つも、すぐさま10番ホールを回っていた韓国の崔京周(チェ・キョンジュ)がバーディで12アンダーに浮上。


注目されているタイガー・ウッズを横目に、同じ組で回っているアジアのエース、崔京周が首位に並びました。タイガーがティショットを右へ左へ(そして上へ!)不安定なゴルフをしている中、崔京周は淡々とフェアウェイをキープするゴルフを展開。トップに立ってから同じような精神状態でプレーできるかがカギになってきますが、安定感だけでいえば上位陣の中では一番かもしれません。


上位をひしめく選手たちにとってポイントとなるのは13~15番のチャンスホールで何打伸ばせるかになってくるのでは...。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com