マスターズ最終日:タイガー&ミケルソンが同組!最終組だったらな・・・

マスターズ3日目を終えてアンヘル・カブレラケニー・ペリーが11アンダーでトップに並んでいます。


カブレラは2007年の全米オープン覇者で難易度の高いコースでの実績はあります。ペリーはアメリカでは「おじさん」世代の代表として人気のある選手。今田竜二が初優勝した時のプレーオフの相手として日本のゴルフファンには知られていますよね。


それでもこの最終組よりギャラリーを集めそうなのが、6つ前の組。

tigerwoods0412.JPG
photo: 知人


タイガー・ウッズ VS. フィル・ミケルソン


3日目を終えて4アンダーで並んだ世界No.1 と No.2。夢のペアリングも優勝争いからは少し離れてしまっています。中継の解説をしているニック・ファルドは4アンダーの選手にも十分逆転の可能性があるとは言っていたけど、かなり厳しいと思うな・・・。それでもこの2人がどこまで伸ばしてくるのかは注目すべきですよね。


そして、なんと言ってもこの一件があって以来、タイガーとフィルは言葉も交わしていない。練習場で会っても挨拶すらしていない。


キャディも含めて、どんな空気になるのか、楽しみですね。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com