マスターズ2日目データ:タイガー優勝はない?!

マスターズ2日目が終わり、これからいよいよ優勝争いがヒートアップしていきます。2日目を終えた時点での過去のデータを見ると、非常に分かりやすい傾向が見えてきました。


tiger0411.JPG
(今年のタイガーの優勝はない!?)


過去18年間の優勝者のデータを見ると、17人は予選ラウンドを終えて5位以上につけていたのです。唯一の例外は1998年、9位タイで2日目を終えたマーク・オメイラ


過去30年のマスターズ優勝者が2日目を終えた時に何位にいたか、まとめてみると・・・


・首位または首位タイ:8名
・2位〜5位:17名
・6位〜10位:2名
・11位〜20位:2名
・21位〜30位:1名


こうやって見ると首位ではないが、その一つ後ろのグループ(2〜5位)につけている選手が良績を残していますね。今年で言うとトッド・ハミルトン、アンヘル・カブレラ、ティム・クラークの3名。果たしてこの中に優勝者がいるのでしょうか・・・。


逆に片山晋呉(6位)、セルヒオ・ガルシア(6位)、ビジェイ・シン(11位)、そしてタイガー・ウッズ(19位)にとっては厳しい現実ですね。それだけ週末のラウンドで追い込むのは難しいということなのでしょう。


ま、これまでの常識を覆してきたのがタイガーだという見方もありますが・・・。


マスターズ2日目スコア

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com