マスターズ3日目速報:タイガーいきなりダボスタート、ハリントンは「9」でさようなら

マスターズ3日目の速報です。日本時間12日午前3:20現在、オーガスタは晴れ。前夜の豪雨のおかげでグリーンは柔らかくなり、ムービングデイにはもってこいの天候。さー、タイガーチャージ、そして「パディ・スラム」もあるか・・・


と思っていた矢先、事件は午前2:15過ぎに起きました。

まずはパドレイグ・ハリントン。パー5の2番でなんと「9」を叩いてしまったのです。椅子からずり落ちそうになりました。これで、2アンダーから2オーバーに急降下。下から数えた方が早い位置まで落ちてしまいました。2日目はパットしようとしたボールが動いてしまう不運があったようですが、これは単なる自損事故です・・・。


そして、強いのか弱いのか分からなくなってきたタイガー・ウッズ。出だしのパー4でフェアウェイを外し、グリーンも外し、あげくの果て3パット。いきなりダブルボギースタートで、今年のタイトルは一気に遠ざかってしまった感じ。その後、1打取り戻して現在は通算1アンダーにいます。


この日、ここまで大きな動きを見せているのカミロ・ビジェガス。連続バーディで通算4アンダーとして6位タイに浮上。今田竜二も一時は1アンダーまで伸ばしていたが、後半に入ってボギーが先行して後退。


現在、トップから6打差に23名がひしめく混戦状態。特に3、4アンダーが大集団となっている。今日、このグループから抜け出せた選手が明日逆転優勝の可能性が残るんじゃないかな・・・。


マスターズ3日目スコア

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com