全米プロゴルフ選手権2日目速報:今日もサスペンデッド!マット・クーチャーが暫定単独首位

全米プロゴルフ選手権2日目、今日も濃霧によるサスペンデッドでプレー開始が2時間40分遅くれ、半数以上の選手が第2ラウンドを残してプレー終了。


明日の天候次第では、これは長い大会になりそうです・・・。


全米プロゴルフ選手権関連の最新ニュースはこちら

暫定単独首位に立っているのがアメリカのマット・クーチャー。昨日のサスペンデッドで第1ラウンドを4ホール残していたクーチャーはプレー再開後の6番(短いパー4)でいきなりバーディスタート。初日の最後のホール(パー5)でハザードに入れるもパーで凌いだのが大きかった。第1ラウンドを5アンダーで終えると、その僅か1時間後に第2ラウンドをスタート。前半パープレーで後半後半の11番から3連続バーディでこの日「69」、トータル8アンダーで早々とホールアウト。今日予選ラウンドを終えられたのは明日以降の長丁場を考えると有利になるはず。


クーチャーは今季PGAツアーでトップ10に8回、スタッツでもトータルランキングで1位。初メジャータイトルに向けて予選ラウンドを首位ターンしそうです。


こちらも暫定ですが単独2位につけているのがこちらもアメリカのニック・ワトニー。2日目に4つスコアを伸ばしています。ブッチ・ハーモンの教え子。


クーチャーから3打差にいる選手達は全員既にホールアウトしていて、これらの選手は決勝ラウンドのプレーのみに集中できるため有利になるのは明らか。5アンダーグループにいるロリー・マッキロイは初日の出だし4ホールで3オーバーとするも、崩れることなく順調にスコアを伸ばしている。この力はホンモノ。全米オープン最終日に崩れたダスティン・ジョンソンが再び上位争いに入ってきているのも不気味・・・。


日本人選手はさっぱり。石川遼は第2ラウンド残り7ホール残して通算5オーバー(平塚哲二も5オーバー)。藤田寛之は第2ラウンドを半分終えて4オーバー。最上位の池田勇太は2オーバーも予選カットラインが恐らく1オーバーのため、日本人選手5名の予選通過は厳しい状況。


そして今日もやります、「全米プロゴルフ選手権裏中継&解説」。海外のツアーを中心に活躍するプロカメラマン、JJ田辺さんをお迎えして全米プロ2日目を振り返ります!本日は12:30スタートの予定です!Twitter、USTREAMで是非ご参加ください!


Live TV : Ustream


JJ田辺氏のTwitter
JJ田辺さんのブログはこちら
Get in the Hole!のTwitter

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com