全米プロゴルフ選手権3日目速報:中国のリャン・ウェンチョンが急浮上!2人目のアジア人メジャー制覇を狙う

全米プロゴルフ選手権3日目、ニック・ワトニーが相変わらず12アンダーで単独首位に立っていますが、その下は大混戦。日本時間15日7:30現在、9アンダーに6名、8アンダーに2名が並んでいます。


このムービングデイに一気に8つスコアを伸ばして2位タイグループでホールアウトした一人が注目されています!

wenchongliang0815.jpg
photo: zimbio.com


中国のリャン・ウェンチョンがこの日8バーディ、ノーボギーのコースレコード「64」でホールアウト。インスタートとなったリャンは前半で5つ、後半で3つ伸ばしてきました。後半の5番から3連続でバーディを奪ったリャンは、8、9番をバーディで上がっていたら、メジャーのレコード「63」を破っていました。しかも共にバーディチャンスにつけていたから恐ろしいです・・・。


第3ラウンドは1アンダーでスタートしましたが一気に2位タイグループに入り、明日の最終日は昨年の全米プロを制したY.E.ヤンに次ぐ2人目のアジア人メジャー制覇を狙います。


リャンは2004年から日本ツアーにも本格参戦、今年は3試合に出場しサン・クロレラクラシックで3位タイに入っています。2007年にはアジアツアーの賞金王に輝くなど、アジアの中でその名は知られていましたが、まさか世界の大舞台で・・・。


これまで4大メジャーには4試合に出場。2008年全英オープンの64位タイが最高成績、残り3戦は予選落ちしていました。昨年のY.E.ヤンを彷彿とさせますが、ヤンの場合はそれまでに一応PGAツアーでの優勝もありました。リャンがここまで躍進してくることを予想できた人はいなかったでしょう。


日本人選手が全滅した今大会。韓国ではなく中国人選手がアジア勢を引っ張っています。


全米プロゴルフ選手権関連の最新ニュースはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com