全米プロゴルフ選手権3日目速報:タイガー&ミケルソン、共に前半でチャージできず

全米プロゴルフ選手権3日目。週前半の大雨、さらに連日の濃霧でコース全体に水気が多いためかスコアは伸ばしやすい状況。日本時間15日午前4:45現在、ムービングデイらしいスコアが多く出ていますが最も注目されている2人は伸ばしきれずにいます。

tigerwoods0815.jpg
photo: zimbio.com


タイガー・ウッズは通算3アンダーでスタート。1番から4番まで3.5メートル以内のパットを全て外し4連続パー。そのうち3つがバーディチャンス。ここで一つでも取れていたら流れは少しは変わっていたはず・・・。4番のパットがパーパットだったためボギー。続く5番のパー5、2打目をグリーン右奥の誰も入っていないようなバンカーに入れてトラブル。そこから出すだけ、アプローチも寄せきれずパーパットを外して連続ボギー。9番を終えて今日は2オーバー、通算1アンダー。


相変わらずティショットの左へのミスが続いていて、パー3と5番ホールを除いて全てフェアウェイを外しています。さらにパー5でボギーとしたことで、今大会のパー5でのスコアは通算1オーバー。参考までに優勝争いに入ってきたダスティン・ジョンソンはパー5だけで7アンダー。


2アンダーでスタートしたフィル・ミケルソンはインコーススタート。こちらもフェアウェイキープができないホールが続き、ようやく16番のパー5でバーディパットを沈めますが、次のパー3でボギー。前半を終えて今日はイーブンパー。折り返しの1番ホールでボギーとしているので、ミケルソンは通算1アンダーと落としています。


首位は9アンダーのニック・ワトニー。1打差には今日伸ばしてきているロリー・マッキロイと単独首位スタートしたマット・クーチャー。さらに1打差の7アンダーにはジェイソン・デイ、J.B.ホームズ、ダスティン・ジョンソンジム・フューリックが並んでいます。今日は激しいムービングデイになりそうです。


全米プロゴルフ選手権関連の最新ニュースはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com