全米プロ選手権事前:ガルシア、「ゴルフが少し恋しくならなければ・・・」

速報でも何でもないですが、先週のWGCブリヂストン・インビテーショナル最終日のこと。セルヒオ・ガルシア全米プロ選手権後、2ヶ月の「休養」を取ることを明らかにしました。これによって10月頭に行われるライダーカップも欠場することを欧州チームキャプテンのコリン・モンドメリーにも伝えたそうです。復帰戦は10月末にスペインで開催される「カステロマスターズ」になるとのこと。


ガルシアファンにとっては、今週の全米プロ選手権が見納めとなります。


全米プロゴルフ選手権関連の最新ニュースはこちら

sergiogarcia0812.jpg
photo: zimbio.com


2008年HSBCチャンピオンズを優勝し、ワールドランキング最高位2位にまで上り詰めたガルシア。1999年にプロ転向、翌年から10年間、300週以上に渡ってワールドランキングトップ10に入っていました。


2008年には「第5のメジャー」ザ・プレーヤーズを勝利したものの、4つのメジャー大会では優勝目前で幾度となくチャンスを逃してきました。2007年の全英オープンでは、プレーオフ16番ホール、パー3でティショットがピンを直撃しながら6メートルも転がってしまい、惜敗後に「俺の相手はフィールド(出場選手)だけじゃない」という泣きの名言も出て、メディアに叩かれたりもしました。実力があるだけに、何かとメジャーでは話題になる選手でした(過去の人間にしてしまうのは可愛そうか...)。


中でも全米プロ選手権とは縁があるようで、最も印象に残っているのは1999年、タイガー・ウッズとの熱戦を演じ、世界に「エルニーニョ」の名を知らしめた大会。2007年サザンヒルズCCで行われた大会では、初日のラウンド後、アテストでブー・ウィークリーが間違ってガルシアのスコアを読み上げてしまい、それをそのままサインして提出してしまい失格処分に。2008年はまたしても「天敵」ハリントンに最終日にまくられて2位。


そして、今回の全米プロ直前の「休養」宣言。


「長い一年になってる。キャリアを通じて、長い休養を取れたことがなかった。・・・休養が必要。ゴルフをすることが少し恋しくならないと」


とガルシア。


「長い一年(It's been a long year)」・・・この言葉、どこかで聞いたことがあると思ったら・・・。


今年30歳になったガルシア。10年以上突っ走り続けてきたから、今回はいい意味でのリフレッシュ休暇ですね。これから残っている年数を考えたら2ヶ月なんて短いくらい。


来年以降の復活を期待して!


iconicon
テーラーメイド R9 スーパートライドライバーicon

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com