全米プロ選手権初日速報:ケニー・ペリー、「目」のケガで棄権

全米プロ選手権の優勝候補にも挙がっていたベテラン、ケニー・ペリー。不本意な初日「79」の後、目のケガを理由に棄権した。


今週日曜日に48歳になるペリー。視力回復のためにレーシック手術を受け、プレー中はコンタクトをつけているそうだ。欠場を発表したリリースには、「レンズの中で炎症を起こし、医者からコンタクトを取って目を休める必要があると言われた」と明らかにした。


perry2.jpg
photo: mlive.com

「医者にはコルチゾンとステロイドをもらったが痛みが酷く、目元が苛々しながらこんなタフなゴルフコースを闘うのは困難だった」と付け加えた。


ゴルファーのみならず、レーシック手術は最近日本でも流行ってますよね。ちょっと怖いですよね・・・。痛み止めが「ステロイド」って、具体的にはどのような成分で、どれだけ効果があるものかのか、、、興味津々です。(僕はまだ裸眼)


今季既に3勝しているペリーだが、これが今年初のメジャー大会出場だった。全米オープン全英オープンとスキップして、来月のライダーカップに標準を合わせてきた。全米プロ選手権は大好きな大会で、欠場するのが心苦しい。でもライダーカップの準備をしなければならない」と。この辺が本音なのではないでしょうかねぇ・・・。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com