全米女子オープン初日ぷちニュース:M.ウィが珍記録達成

予選会から自力で勝ち上がり全米女子オープンの出場権を獲得したミッシェル・ウィ。気付いたら誰も天才「少女」とは呼んでいない歳(18)になったウィだが、昨年はスタンフォード大学への入学や手首の負傷で長期離脱するなど何かと話題に尽きない。

wie1.jpg
photo: uswomensopen.com


大会前のインタビューでは自身満々だったウィが、初日からいきなり珍記録を達成してくれた。


アウトスタートのウィはパー4の9番ホールでプロの世界では滅多に見ることがない「クウィンチュープル・ボギー」の「9」打を叩いた。ダブルボギーはよく見るが、トリプルボギーとなるとあまり聞かない。トリプルボギーの次はQuadruple bogey(クァドループル・ボギー)。一般的にパー4で言う「ダブルパー」だ。


更にその上のQuintuple bogey(クウィンチュープル・ボギー)を記録してしまい、「打数を数えるのに苦労した」とウィは振り返った。結果、初日は8オーバー、81の大叩きで146位タイと予選突破が難しくなってしまった。


「自分のゲームの組み立て方はすごくいいと思うのに、スコアが付いてこないのがとてもイライラする」とウィ。もう「少女」ではないが、まだまだ成長途上なのだろうか...。


ウィの「9」打の動画はこちらから(ESPN.com)


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com