全米オープン初日はタイガー&ミケルソン&スコット

来週に控えたメジャー第2戦「全米オープン」の初日の組み合わせが発表された。手術明けでも大本命のタイガー・ウッズは、世界No.2フィル・ミケルソンとNo.3アダム・スコットと同組で初日から火花を散らすことになりそうだ。

さらに、世界ランキング順に3名でトップ4グループは区切られていくそうだ。ということは・・・


アーニー・エルスジェフ・オギルビー&ジャスティン・ローズ
スティーブ・ストリッカージム・フューリック&崔京周
ビジェイ・シンセルヒオ・ガルシア&スチュアート・シンク


の組み合わせとなる。個人的にはビジェイの組がオモシロくなるような気がする。


例年は昨年の全米オープン覇者と全米アマ覇者、昨年の全英オープン覇者が予選ラウンドは同組となる。


しかし、今回の夢の組み合わせが実現したのには大会を運営するUSGA側の配慮によるものだ。タイガーとミケルソンの同組については「もしやれるとしたら、今年がその年だった」と大会運営者は言う。


会場となるトーレーパインズは毎年1月にビュイック・インビテーショナルを開催している。2003年の大会では最終日にタイガーとミケルソン(とブラッド・ファクソン)が同じ最終組で回っている。しかも、この時のタイガーは2ヶ月の膝の手術明けだった。今回とシナリオを似すぎている。


ちなみに、その2003年のタイガーVSミケルソン対決は、タイガーが3打差をつけて優勝している。


USGAの「演出」には頭が下がる。単純に人気選手をくっつけるのではなく、そこには歴史を反映させた「物語」があるように思える。


やっぱり見るゴルフはそうでなきゃ・・・。まだ前哨戦の「セント・ジュード・クラシック」も終わっていないのに、既に楽しみになってきた!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com