プレジデンツカップ主将カプルス「タイガーは試合慣れ必要」

11月に開催される米国選抜VS世界選抜の「プレジデンツカップ」。各チーム12名によって構成され、米チームは10名が過去2年の成績を下に自動的に選出、残り2名はキャプテン、フレッド・カプルスが推薦。


その残り2名の枠にタイガー・ウッズを入れるべきか否かで既に議論が始まっているようです。

tigerwoods0818.jpg
photo: zimbio.com


米国チームは2009年「ザ・バークレイズ」から今年のFedEx Cupプレーオフ第3戦「BMW選手権」までのPGAツアー公式試合での獲得賞金を下にランキングされ、上位10名が自動的に選出。残すところ3試合、現時点でのランキングは次のとおり。


1.スティーブ・ストリッカー($13,783,403)
2.マット・クーチャー($12,543,827)
3.フィル・ミケルソン($11,920,047)
4.ニック・ワトニー($11,831,320)
5.ダスティン・ジョンソン($10,481,897)
6.ババ・ワトソン($9,763,499)
7.デビッド・トムズ($8,787,375)
8.ハンター・メイハン($8,624,612)
9.ビル・ハース($8,424,777)
10.ジム・フューリック($8,091,994)
・・・
18.キーガン・ブラッドリー($6,864,399)
28.タイガー・ウッズ($5,374,491)


上位10名はこう見るとなかなかのメンバー。デビッド・トムズは全米プロでの健闘もあり7位に上昇。キーガン・ブラッドリーは39→18位に上がってきています。そして、タイガーは・・・28位。


5月のザ・メモリアルでゴルフチャンネルが放映したインタビューでカプルスは「タイガーはチームに入る」と明言していました。その後のタイガーの成績はご存じの通り。全米プロではまさかの10オーバーで予選落ち。


カプルスの気持ちに変化はないのか?タイガーの直近の結果を踏まえた上で、17日の対談では


「タイガーをチームから外すのは間違っているが、同時に彼を入れるのはおかしいと言う人も多いだろう。しかし、今でも彼を信じている。彼を選んだからといって誰かの意見を無視しているわけではない」


と引き続きタイガーを支持。ただし、以前にこちらでもお伝えしましたが、タイガーがチーム入りする条件として「オーストラリアンオープン」に出場することを前提としていて、タイガーもその条件を飲んでいます。ただ、さすがにここまで調子が戻っていない状態では・・・。


カプルスはオーストラリアンオープン以外にも、タイガーにはフォールシリーズの4試合も含め、本番までに数試合に出場することを検討してほしい、とも注文を出しています。


「彼にチームの一員になってもらうためには、もっと試合に出る必要がある。それがいつになるかは時間が経たないと分からない」


とカプルス。


選べばファンやメディアから叩かれる。


選ばれなければスポンサー(&メディア)から叩かれる。


カプルスの立場、酷すぎますね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com