危うく松山も「坊主」!?シュワルツェル&ウーストハイゼンの大失態

2年に一度の米国VS世界選抜の「プレジデンツカップ」が3日にオハイオ州のミュアフィールドビレッジで開幕します。ライダーカップもそうですが、チーム戦では「結束力」を高めるために一風変わったことをしたりします。過去のライダーカップでは、ペイビン主将が米軍兵士を呼んでチームミーティングで気持ちを高ぶらせるためのスピーチをしてもらったこともありますし、欧州チームのメンバー全員がマッキロイの髪型を小馬鹿にしてアフロのカツラを被ったりしたことも。


そして、今回のプレジデンツカップ-。チームの団結力を高めるために行った勇気ある行為がまさかの大失敗に終わってしまったみたいですw


世界選抜チームの南アフリカ出身コンビ、チャール・シュワルツェルとルイ・ウーストハイゼンが提案したのは髪型を揃える「散髪」だったのです。


「床屋さんが来てくれて、散髪をすることにしたんだが思っていたようにいかなかった...。一歩間違ったら全部剃り落されてたw こんなに短くされるとは思わなかったよ」


とウーストハイゼン。酷いならそこでやめておけばいいのに、言いだしっぺのシュワルツェルもカットしてもらうことに。


「ルイと俺が実験台となったわけだ。彼が最初にいき、髪を全部剃られた。俺は少しだけ刈り上げてもらおうかと思ったら、俺も全部剃られてしまった。その後は誰も続こうとはしなかったよ。時間が傷を癒してくれるかな...。俺らは散髪をしたかっただけなのに、これだったら自分でもできたよ」


とシュワルツェル。


この写真を見る限り、そこまで酷いカットには見えませんが...


schwartzellouis20131002.jpg
photo: zimbio.com


大会中の写真が楽しみですw


「昨日、チームルームに入った時、まるで軍隊から出てきたような頭になってた。お互い目を合わせて笑うしかなかったよ。これでチームの士気が上がるといいね。6人がカットするはずだったけど、チャールでストップしちゃったよw」


とウーストハイゼン。チーム入りしている松山英樹がこの6名に入っていたかは不明ですが、危うく坊主頭にされているとこだったようです...。


驚いたのは当事者の2人だけではなかったみたいで、


アーニー・エルス
「チームルームに入った時はチャールだと分からなかったからね。素通りしちゃった。『お前、何しちゃったの!?』という感じだった。軍隊でもあんな酷い髪型にはしないよ。・・・でも今日(の練習ラウンドで)、あの小僧2人はたんまり『勝った』からね。あの2人でほとんど持っていったよ。その金で増毛してこい」


■ブランデン・グレース
「並んだのは6人。(シュワルツェルが)てっぺんまで剃られてるのを見て、あれは無理と思った。俺はパス。おかげで食事会では散々笑わせてもらったよ」


■リチャード・スターン
「仮に俺があんなことをされていたら試合中も怒ってると思うよ。切ってもらっていたら、絶対にうまくいってなかったと思う。これはたぶんアメリカチームの陰謀だなw 面白かったけどね」


今回の教訓として、やはりアメリカで散髪はしてはいけない、ということにしておきましょうw

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com