プレジデンツカップ最終日速報:米国チーム、最終日も圧勝で大会3連勝!

プレジデンツカップ最終日、各チーム全12名によるシングルスマッチが行われ、米国が6勝、世界選抜が4勝、オールスクエアが2つとなり、米国チームが合計19.5 - 14.5と大差を付けての勝利。


これで今大会3連勝、通算成績も6勝1敗1分、更には米国本土では5勝0敗とし、改めて米国勢のマッチプレーでの強さを見せつける形となりました。

取り急ぎ、日曜日のシングルスの結果を!


米国チームの最初の2名、ハンター・メイハンとスチュワート・シンクが1番ホールのティショットから乱調気味でどうなるかと思いましたが、その後はしっかり持ち直したようです。


シングルス(米6、世界4、AS2)
ハンター・メイハン(米国) 2&1 カミロ・ビジェガス(世界)
スチュワート・シンク(米国) 4&3 アダム・スコット(世界)
マイク・ウィア(世界) AS ジャスティン・レナード(米国)
アンソニー・キム(米国) 5&3 ロバート・アレンビー(世界)
ジェフ・オギルビー(世界) 2&1 スティーブ・ストリッカー(米国)
ショーン・オヘア(米国) 6&4 アーニー・エルス(世界)
石川遼(世界) 2&1 ケニー・ペリー(米国)
ティム・クラーク(世界) 4&3 ザック・ジョンソン(米国)
タイガー・ウッズ(米国) 6&5 Y.E.ヤン(世界)
ビジェイ・シン(世界) AS ルーカス・グローバー(米国)
フィル・ミケルソン(米国) 2&1 レティーフ・グーセン(世界)
アンヘル・カブレラ(世界) 4&3 ジム・フューリック(米国)


=====================================
【関連商品】
iconicon
プレジデンツカップ半袖シャツicon


iconicon
プレジデンツカップ キャップicon
=====================================

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com