プレジデンツカップ2009初日第4組:アンヘル・カブレラ&カミロ・ビジェガスVSケニー・ペリー&ザック・ジョンソン

プレジデンツカップ初日のフォーサム形式、4組目。個人的には今大会最も注目したい選手の登場!

kennyperry1008.jpg
photo: zimbio.com


■4組目
アンヘル・カブレラ(3-3-3/1-2-0)
カミロ・ビジェガス(0-0-0/0-0-0)
ケニー・ペリー(7-6-0/3-2-0)
ザック・ジョンソン(2-2-0/2-0-0)
※選手名(Pカップ過去成績〔勝-負-分〕/P.カップフォーサム成績〔勝-負-分〕)


今大会、最も注目したい選手がケニー・ペリー。先週、母親を亡くし、悲しみの中、家族の後押しもあり出場することに。現在49歳でプレジデンツカップ出場のチャンスも限られているだけに、今大会にかけてくる意気込みは尋常ではないはず。今年はマスターズで惜敗、そしてザ・ツアー選手権でまたしても最終日に崩れて敗れ、ここ一番での脆さは残っていますが、昨年のライダーカップでも見せたベテランの味は見せてくれるはず。ザック・ジョンソンは今季2勝し、一年を通して安定した成績を残していました。


対するのはペリーからマスターズのタイトルを奪ったカブレラ、そして今季目立つ活躍がなかったビジェガス。共にスペイン語を話すことから、世界選抜チームの課題の一つでもあった「コミュニケーション」には全く問題なし。


この組の勝敗を左右するのはビジェガスのプレーでしょう。爆発するととんでもないスコアを出すのですが、大叩きする一面もあります。そういう意味ではこのフォーサムのフォーマットはビジェガスにとって相性は良いはず(シングルスよりは)。


でもゴルフの神がいるのであれば、米国チームに軍配が上がる・・・はず。今年は「ペリーイヤー」なのかもしれません。


勝敗予想:米国


=====================================
【関連商品】
iconicon
プレジデンツカップ半袖シャツicon


iconicon
プレジデンツカップ キャップicon
=====================================

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com