全英女子オープン最終日速報:不動脱落、残る希望は宮里藍

全英女子オープン最終日、トップでスタートした不動裕理が前半でもたついている間に同組の申智愛があれよあれよと一気に単独首位に立ち、残り3ホールの時点で2位の宮里藍に3打差をつけている。

不動は9番でバンカーに入れるなど、本来であればスコアを伸ばさなければいけないホールでまさかのボギー。宮里は順調にスコアを伸ばしているが、とにかく申智愛の勢いが止まらない。13番のパー3では12メートルの難しい下りのラインを沈めてバーディ。最後のパー5となった14番でもきっちりイーグルトライのところまで乗せてきて、バーディでスコアを伸ばしている。


日本時間4日午前0:50現在、最終組が14番ホールを終えた時点で申智愛が18アンダー、2位に宮里が15アンダー、そして不動と台湾の19歳ヤニ・ツェンが3位タイとなっている。これは日本勢2人にとっては非常に厳しくなってきた。


不動は中途半端なゴルフをしているんじゃないかな・・・。パットのリズムも昨日とは別人のようだ。どこかに迷いがあるのか。これがメジャー最終日のプレッシャーなのか。


上田桃子はこの日3アンダー、通算11アンダーでホールアウトしている。


ゴルフダイジェスト・オンライン

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com