全英リコー女子オープン3日目:日本人では宮里藍&美香&諸見里が優勝圏内

全英リコー女子オープン3日目が終わり、一時は三塚優子宮里藍が首位タイに立っていましたが終わってみれば昨日(2日目)ホールインワン⇒イーグルを決めて一気に波に乗ったカトリーナ・マシューが2位に3打差を付けてホールアウト。


上位陣の顔ぶれを見る限り、明日の今頃は初メジャー覇者が誕生してそうですね。

yukomitsuka0801.jpg
photo: zimbio.com


前半の連続バーディで一時は首位タイに立っていた三塚優子。後半43と大崩れで5オーバー、18位タイに急降下してしまいました。ラフ、ポットバンカーにハマり、最後はバテバテ・・・。


三塚のプレーを見ていて感じたことは、結局、どのメジャーでも言えることなのかもしれませんが、フェアウェイのバウンドが予測しにくい全英では特にティショットでフェアウェイキープすることが最も重要になんじゃないかな、と。200以上あるバンカーにはまってしまえば、その時点で+1と考えていい・・・いや、むしろ入れてしまったのであれば腹を括ってボギーを取りに行くくらいでないと、精神的にも最後までもたないのではないでしょうか。


今回のロイヤルレザムであれば、チャンスホールになっている6、11、15番のパー5は最低でもバーディを取りにいき、逆に17番はボギーで仕方がないくらいの気持ちがちょうどいいんじゃないのかな。一つのミスをすぐに取りに行こうとすると、大変な罠にはまってしまう。それを改めて証明してくれた三塚の第3ラウンドでした。それでもトップ15位に入れば来年の出場権というボーナスも付いてくるので、明日は諦めずに踏ん張ってもらいたいですね。


3日目を終えてトップ10に日本人選手が3名入っています。宮里藍がイーブンパーの3位タイ、初日76で出遅れていた宮里美香がこの日3アンダーで5位タイ、そして諸見里しのぶが7位タイで踏ん張っています。よって明日は最終組の一つ前から3連続で日本人選手が入っています。宮里藍は申智愛と、宮里美香はキム・ソンヒーと、諸見里はポーラ・クリーマーとのラウンドになります。3人の中で最も早くスタートする諸見里は明日日本時間の20:35にティオフする予定です。


明日の組合せの中にカリー・ウェブ&朴セリがあるようです。昔からのファンにとってはたまらないペアリングですね・・・。果たしてどこまで追い上げてくるのでしょうか。


全英リコー女子オープンスコアはこちらから

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com