お騒がせ男「Cigar Man」の正体は「投資アナリスト」だったw

先週紹介したライダーカップで現われた謎の葉巻男「Cigar Man」。その正体は謎のまま、ネット上ではその決定的瞬間の表情を加工した画像だけが日に日に増えていました。


そして、先日、どうやら英タブロイド紙(情報サイト)「メール・オン・サンデー」がようやくこの男の正体に辿りついたようです!

Cigar Manの経緯はこちら


ライダーカップ2日目、タイガー・ウッズがグリーン横のラフから放ったショットはカメラマン目掛けて一直線。


cigarman1013a.jpg
photo: Mail Online


この写真が公開されるなり、ギャラリーの最前線におかしな奴がいる!と瞬く間に話題の中心になったのです。Time誌、ウォールストリート・ジャーナルなど世界の名だたるメディアが取り上げ、ファンクラブも結成され、なんと、プロポーズしてくる女性まで...。「一体何者なんだ!?」と周囲の関心は一気にエスカレート。


そしてライダーカップ閉幕から約1週間。この男を最初に世に広めたメール・オン・サンデーが彼を突き止めたのです。


葉巻男の素顔がこちら。


cigarman1013b.jpg
photo: Mail Online


この男性は南ロンドンに住むルペッシュ・シンガディアさん、30歳。職業は「スレッドニードル・アセット・マネジメント(Threadneedle Asset Management)」で働く投資アナリスト。両親と共に暮らすごくごく一般的なサラリーマン。


「恥ずかしいし、どうしていいか分からない。こんなことになろうとは想像もしなかった。ホント信じられない」


とシンガディアさん。


当初から言われていた通り、このコスチュームはターバンではなくカツラで、欧州チームのミゲル・アンヘル・ヒメネスを応援する意味のコスプレだったそうです。最初はイアン・ポールターが履くユニオン・ジャック柄の派手なパンツで行くことも考えたそうなのですが、最終的にヒメネスのヅラ&葉巻を取ったとのこと。


「欧州チームをサポートする意味で何かしたいと思い、それで思いついたのがミゲルだった。最近、キャラが立ったアスリートはあまり多くない。でもミゲルはどこかマイペースで、葉巻をくわえながらコース上を歩いている姿が大好き」


とのこと。ポールターの英国国旗柄のパンツで歩いていたら、逆に普通だったかもしれませんね・・・。


今回の一連の騒ぎでFacebook上にもファンページができ、プロポーズをしてくる女性もいたのだとか。「でもな...Cigar Manじゃなくて、俺を好きになって欲しいし...」と、そこはあくまで一線を引いているようです。


「コースに出たら、みんな俺を指差して笑っていた。でも、コスプレするために行ったんじゃなく、ゴルフ観戦が第一だった。テレビに映るために走り回ったりもしてなかった。俺の友達はミゲルに近づけさせようとしていた。13番ホールでは結構接近したんだ。彼がこっちを見たときに一瞬笑ったような気もする。彼のキャディは間違いなく笑ってたけどね」


そして、歴史的一枚が生まれた瞬間をこう振り返っています。


「すごいギャラリーが集まっていたんだ。人ごみでごった返していて、気付いたら最前列に立っていた。突然、(タイガー)がすぐ傍に立っていると思うとドキドキしたよ。俺の瞳孔が開いて見えるのは彼のミスショットに驚いたから」


とのこと。意識してこういう表情って撮れるものじゃないですしね...。翌日、この写真がネットで公開されたことを友人から知らされると、


「起きてネットで見て、ちょっと面白いな~と思ったくらい。すぐまた寝に戻った。...(後日のネットでの広がり方を見て)衝撃だった。信じられなかったよ。面白いと思ったけど、どこか落ち着かなかった。


「一番のお気に入りはシンプソンズのかな。突然こんなことになって状況を把握できないでいる。注目されるために何年もかける人もいるけど、俺の場合は事故だった。奇妙な出来事だった。・・・それでも来週は仕事にも行くし、長期的には人生を変えるようなものではないと思う」


そして最後にこう締めくくっています。


「俺はこれまでにこんなことをしたことがなかった。俺はゴルフとアーセナルが好きな至って普通の男。こんなことになると分かっていたらコスプレなんかしてなかった。とは言っても、多くの人を笑わせることができたのであれば、それは幸せかな」


笑いは世界を救う、ということで一件落着!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com