ライダーカップ最終日シングルス組合せ:タイガーはF.モリナリ!注目カードはストリッカーVSウェストウッド

ライダーカップ最終日は、日本時間の本日17時頃からスタートします。第3セッションで大逆転をした欧州チームが3点のリードを守りきれるのか・・・。はたまた、米国チームがディフェンディングチャンピオンの意地を見せるのか・・・。


シングルスの組合せを取り急ぎ。


ライダーカップに関するニュースはこちら

==========================================
ライダーカップ第4セッション シングルス(12組)
第1組(17:05):
スティーブ・ストリッカー VS リー・ウェストウッド
第2組(17:17):
スチュワート・シンク VS ロリー・マッキロイ
第3組(17:29):
ジム・フューリック VS ルーク・ドナルド
第4組(17:41):
ダスティン・ジョンソン VS マーティン・カイマー
第5組(17:53):
マット・クーチャー VS イアン・ポールター
第6組(18:05):
ジェフ・オバートン VS ロス・フィッシャー
第7組(18:17):
ババ・ワトソン VS ミゲル・アンヘル・ヒメネス
第8組(18:29):
タイガー・ウッズ VS フランチェスコ・モリナリ
第9組(18:41):
リッキー・ファウラー VS エドアルド・モリナリ
第10組(18:53):
フィル・ミケルソン VS ピーター・ハンソン
第11組(19:05):
ザック・ジョンソン VS パドレイグ・ハリントン
第12組(19:17):
ハンター・メイハン VS グレイム・マクドウェル
==========================================


大会前の「タイガーと対戦したい」発言で最終日のマッチアップが注目されていたロリー・マッキロイ。残念ながら(?)タイガーとの対戦は実現しませんでしたが、今大会ロングパットを何度か沈め、ベテランらしいプレーが光っているスチュワート・シンクとの一戦。


タイガーの対戦相手はイタリアのモリナリ兄弟の弟、フランチェスコ・モリナリ。昨日の第3セッション、最終ホールでバーディを奪い欧州チーム0.5ポイントに貢献。タイガーはこれまでライダーカップのシングルで3勝1敗1分。唯一の敗戦はデビューイヤーとなった1997年大会、コンスタンティーノ・ロッカ(イタリア)。


今大会全くいいところのないフィル・ミケルソン。米国チームキャプテン、コーリー・ペイビンとしてみれば、ミケルソンはもっと早いスタートでさせて米国チームに勢いをもたらしたかったところでしょう。しかし、今週のミケルソンのプレーを見る限り、この選択は致し方ないか・・・。対戦相手のピーター・ハンソンは昨日のフォーボール、15番で絶体絶命のハザード近くから見事なリカバリーショットを見せ、対ババ・ワトソン&ジェフ・オバートン組勝利に貢献。格下の相手とはいえ、ミケルソンの今大会全戦全敗も十分ありえそうです。


この日の注目カード、そしてこの大会の結果を大きく左右するであろうカードはやはりトップバッターのスティーブ・ストリッカーVSリー・ウェストウッド。ウェストウッドはここまでフォーボール、フォーサムで2.5ポイントを獲得。欧州チームの番長的存在になっています。大会前は足の怪我の後遺症が懸念されていましたが、長期ブランクを全く感じさせないプレー。むしろリハビリ中の減量(約8キロ)とビールの禁止(ホントか!?)で見た目もスッキリしています。ストリッカーはこれまでタイガーの乱調をカバーする見事なプレーを続けていましたが、果たしてシングルスでもその調子を維持できるか・・・。出だしの一戦で米国がポイントを取れば、「逆転できる」という思いは残りの選手たちにも波及するはず。今大会の結果を左右する一戦になりそうです。


(残りは追って・・・)


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com