ライダーカップ第1セッション:ストリッカーがタイガーをカバーして勝利!米国チームが好スタート

ライダーカップ2日目は長い一日になりました。10時間以上の長丁場も最後は連夜の日没サスペンデッド。この日は初日にフィニッシュできなかったフォーボール形式から始まり、6組のフォーサム形式、そして最後は2組のフォーサムと4組のフォーボールが行われました。


一つずつ整理していこうと思います。


ライダーカップに関するニュースはこちら

まずは第1セッション、4組のフォーボールの結果。


==========================================
■ライダーカップ初日フォーボール
第1組:
フィル・ミケルソンダスティン・ジョンソン
VS 
リー・ウェストウッド & マーティン・カイマー 3&2


第2組:
スチュワート・シンク & マット・クーチャー AS
VS 
ロリー・マッキロイグレイム・マクドウェルAS


第3組(16:15):
スティーブ・ストリッカータイガー・ウッズ  2UP
VS 
イアン・ポールター & ロス・フィッシャー


第4組(16:30):
ババ・ワトソン & ジェフ・オバートン 3&2
VS 
ルーク・ドナルドパドレイグ・ハリントン
==========================================


第1セッションを終えて米国2.5 対 欧州1.5。スタート前は米国チームのNo.1コンビとも言われていたミケルソン&D.ジョンソン。1ダウンで迎えた14、15番でジョンソンは連続して池に入れ、終盤に入って米国チームはミケルソンが孤軍奮闘する状況。欧州チームはカイマーがパーセーブで1打リードを守りながら進め、15番、16番で連続バーディ。なんとか食らいつこうとするミケルソンを振り切って勝利。これでミケルソンは通算14敗目、米国チームの歴代最多敗戦試合数で単独2位に浮上。


第2組は欧州チームが終盤で2バーディを奪ってオールスクエアに持ち込むと、最終ホールでシンクとマッキロイがそれぞれ池に入れ、クーチャーとマクドウェルのマッチプレーに。マクドウェルがバーディパットをショートし、クーチャーが8メートル弱のウィニングパット。しかし、これも外れオールスクエア。先日、サスペンデッドになった時点では米国が2UPだったため、このハーフは欧州チームにとっては大きな0.5点。


タイガーのプレーが注目されていますが、それ以上にストリッカーのリカバリーの良さを称えるべきでしょう。1UPで迎えた最終ホールでストリッカーがしっかりと刻んで3オン。反対にタイガーは2打目を狙って左の深いギャラリーに打ち込み、アプローチもちゃっくり気味、次の一打も寄らず。このあたりからタイガーの流れが・・・。欧州の2名はバーディチャンスにつけるもラインを読み切れずにパー。ストリッカーはきっちり3メートル強に寄せてバーディで勝負あり。この2人は昨年のプレジデンツカップで4戦全勝、この1勝で連勝を5に伸ばしました。


第1セッションのサプライズは米国のルーキー、ワトソンとオバートン。欧州の強豪、ドナルドとハリントンを破りライダーカップ初勝利を挙げました。特筆すべきはオバートンの安定したプレー。10番、12番でパットを読み切ってバーディとして、そのリードを最後まで守りきりました。欧州勢にとって誤算だったのはハリントン。随所で良いショットを見せるドナルドとは対照的に、後半の勝負ところでミスショットが目立っていました。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com