ライダーカップ初日:米国が上々の滑り出し!影のエースが活躍

第37回ライダーカップが米ケンタッキー州バルハラGCで開幕。欧州チーム有利と見られている大会で、米国チームが上々の立ち上がりを見せた。

午前中は4組のフォーサム形式(一つのボールを交互に打つ)。まずアメリカに勝利をもたらしたのはジャスティン・レナードハンター・メイハン組。最初の2ホールを落とし最悪のスタートを切るも、ハーフを終えた時点で2アップと大きく挽回。結果、2ホールを残し3アップで勝利。


メイハン.jpg
photo: espn.com


今回のアメリカチームで「影のエース」とも言われているメイハン。チームキャプテンのポール・エイジンガーの推薦でチームに入ったメイハンだが、選出される前には雑誌のインタビューで「ライダーカップ選手は奴隷扱いされる」と話題になる発言も漏らしてしまったが、しっかりとプレーで応えた。今後の試合でも注目すべき選手の一人かもしれない。


注目の組となったフィル・ミケルソンアンソニー・キムパドレイグ・ハリントン&ロバート・カールソンの対決。スタートホールで欧州チームがいきなりバーディ発進でリードし、10番から3ホール連続を奪取して一時は3アップまで持っていった。しかし米国チームがそこから3つ連続で取り返し、そのままオールスクエアでホールアウト。両チーム1/2ポイントが加算された。


ヨーロッパチームの仲良しコンビ、イアン・ポールタージャスティン・ローズは12番ホールまで終始リードする展開も、最終ホールではオールスクエア。パー5のパー5、第2打で勝負が決まった。ローズはバンカーに入れてしまった後、キャンベルは約3メートルにつけるナイスショット。ポールターのバンカーショットも寄らず、更にはパーパットも外し、バーディを取ったアメリカチームに逆転負け。


最終組ケニー・ペリージム・フューリックセルヒオ・ガルシア&リー・ウェストウッドも注目カード。地元出身のペリーが終始観客を魅了するショットの連続も、2アップで迎えた17番で1.8メートルのパーパットを痛恨のミス、欧州組に最後のチャンスを与えてしまった。最終ホールはヨーロッパチームがバーディを奪い、アメリカチームはボギーで、最後2ホールで2打追い付かれてしまいオールスクエアでホールアウト。これでガルシアはライダーカップのフォーサム9戦して已然無敗となった。


それでも絶好のスタートを切ったアメリカチーム。ライダーカップデビュー選手が多い中、プレッシャーに飲み込まれなければ十分に勝算は見えてくる。


■第37回ライダーカップ スコアボード
アメリカ  3
ヨーロッパ 1

■初日フォーサム 結果
・ミケルソン&キム AS
 ハリントン&カールソン AS
レナード&メイハン 3&2
 ステンソン&ケーシー
シンク&キャンベル 1UP
 ローズ&ポールター
・ペリー&フューリック AS
 ガルシア&ウェストウッド AS

※AS=オールスクエア


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com