ライダーカップ最新ポイントランキング:タイガー・ウッズ、出場枠トップ8から脱落!R.フィッシャーが圏内に

毎週恒例の最新ランキング。まずは2ヵ月後に控えたライダーカップから。


ついにタイガー・ウッズが・・・。

■ライダーカップ米国チームポイントランキング(8月1日現在)
(上位8名が自動的に選出)

1. フィル・ミケルソン(5,768.75)
2. ジム・フューリック(3,418.94)
3. スティーブ・ストリッカー(3,402.68)
4. ジェフ・オバートン(3,277.85)
5. アンソニー・キム(3238.31)
6. ルーカス・グローバー(2980.87)
7. マット・クーチャー(2,938.42)
8. ダスティン・ジョンソン(2936.14)
9. タイガー・ウッズ(2,773.31)
10. ハンター・メイハン(2,643.75)
11. リッキー・バーンズ(2,610.171)
12. ベン・クレイン(2,533.93)
13. スチュワート・シンク(2394.03)
14. ニック・ワトニー(2297.97)
15. リッキー・ファウラー(2259.37)
16. J.B.ホームズ(2,219.01)
17. ババ・ワトソン(2,202.32)
18. ボー・バン・ペルト(2,156.33)
19. ショーン・オヘア(2122.57)
20. ザック・ジョンソン(2118.40)
21. ライアン・ムーア(2017.20)
22. ジェイソン・ボーン(1,776.49)
23. ケニー・ペリー(1709.49)
24. スコット・バープランク(1698.60)
25. ビル・ハース(1643.07)
=================================
【ポイントシステム】
・2009年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までに「オフィシャル」トーナメントで獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。ただし、メジャー、メジャーの裏で開催される試合、WGCの裏で開催される試合は除く。
・2010年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に2ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までにメジャーの裏で開催される試合およびWGCの裏で開催される試合で獲得した賞金1,000ドル毎に0.5ポイント。

=================================


先週のグリーンブライヤー・クラシックで惜しくも初優勝を逃したジェフ・オバートン。単独2位に入ってライダーカップのポイントランキングでも10位→4位に大きくジャンプアップ。これで今季3度目の2位(または2位タイ)、3位も2度あり、このリストの中で最も勢いのある若手選手。


これによって先週まで8位に踏みとどまっていたタイガー・ウッズが9位に落ち、自動的に出場権が与えられる上位8名から漏れてしまいました。今週のWGCブリヂストン・インビテーショナルでポイントを稼がないと、キャプテン推薦枠の一つをタイガーに使うはめになってしまい、コーリー・ペイビンの悩みの種が増えてしまいそう・・・。


また注目は今週、3ヶ月の戦線離脱から復帰するアンソニー・キム。長期離脱も5位に入っています。


では、続いて欧州チーム。


■ライダーカップ欧州チーム 
 ワールド・ポイントリスト(8月1日現在)
 (上位4名が自動的に選出)

1. リー・ウェストウッド(422.01)
2. ロリー・マッキロイ(272.45)
3. グレイム・マクドウェル(245.51)
4. ルーク・ドナルド(229.19)
5. エドアルド・モリナリ(213.02)
6. イアン・ポールター(211.24)
7. パドレイグ・ハリントン(195.47)
8. ジャスティン・ローズ(190.42)
9. マーティン・ケイマー(181.58)
10. フランチェスコ・モリナリ(165.98)


 ヨーロピアン・ポイントリスト(8月1日現在)
 (ワールドポイントリスト上位4名以外の上位5名が自動的に選出)

1. リー・ウェストウッド(3,446,137.87)
2. グレイム・マクドウェル(2,249,755.78)
3. イアン・ポールター(2,205,624.99)
4. ロリー・マッキロイ(1,939,890.61)
5. ロス・フィッシャー(1,668,085.93)
6. マーティン・カイマー(1,554,025.08)
7. フランチェスコ・モリナリ(1,464,537.75)
8. ミゲル・アンヘル・ヒメネス(1,442,489.69)
9. パドレイグ・ハリントン(1,387,836.87)
10. ロス・マクゴーワン(1,347,432.30)
11. ポール・ケーシー(1,327,184.29)
12. ルーク・ドナルド(1,250,274.88)
13. アルバロ・キロス(1,239,885.46)
14. エドアルド・モリナリ(1,196,373.33)
15. ピーター・ハンソン(1,097,323.10)
16. サイモン・ダイソン(1,096,052.04)
17. ライズ・デービーズ(1,091,039.86)
18. オリバー・ウィルソン(989,895.68)
19. セルヒオ・ガルシア(964,769.13)
20. ダレン・クラーク(944,108.46)
21. サイモン・カーン(943,180.67)
22. アレクサンダー・ノレン(885,380.74)
23. アンダース・ハンセン(839,821.79)
24. フレドリック・アンデション・ヘッド(831,511.06)
24. グレゴリー・アブレ(815,473.91)
26. ヘンリック・ステンソン(777,297.06)
27. グレゴリー・ボーディ(769,921.05)
28. ダニー・ウィレット(751,729.65)
29. アレハンドロ・カニサレス(745,582.72)
30. ブラドリー・ドレッジ(729,259.58)
=====================================
【ポイントシステム】
1. 2010年8月29日、または「ジョニー・ウォーカー選手権」終了時のライダーカップ・ワールド・ポイントリストの上位4名。同点数の場合、2010年8月23日時点のワールドゴルフランキングの順位が上の選手が選出される。
2. 2010年8月29日、または「ジョニー・ウォーカー選手権」終了時のライダーカップ・ヨーロピアン・ポイントリストの上位5名(上記1.に該当しない選手)。同点数の場合、2010年8月29日時点または「ジョニー・ウォーカー選手権」終了時の2010年「Race to Dubai」ランキングの上位選手が選出される。
3. 2010年8月29日、「ジョニー・ウォーカー選手権」終了後にチームキャプテンのコリン・モンゴメリーが残り3名を選出。
※1.の「ライダーカップ・ワールド・ポイントリスト」は2009年9月3日から2010年8月22日および2010年ジョニー・ウォーカー選手権で欧州ツアーメンバーが獲得したワールドランキングポイントの合算。ワールドランキング・ポイントはゴルフ連盟主催者による全ての公式トーナメントでその試合のレーティングによって付与されます。
※2.の「ライダーカップ・ヨーロピアン・ポイントリスト」は2009年9月3日から2010年8月22日および2010年ジョニー・ウォーカー選手権で欧州ツアーメンバーが「Race to Dubai」対象の試合で獲得したポイント(1ポイント=1ユーロ)の合算。

=====================================


こちらは大きな動きがありました。アイリッシュ・オープンを最終日「61」で制したロス・フィッシャーがヨーロピアン・ポイントリストで13位から5位に一気に浮上、ワールドポイントから出場する4名を除く枠に入ってきました。


また、先週2位に入ったパドレイグ・ハリントンが同ポイントリストで17位→9位にジャンプアップ。ポイントリストで8位のミゲル・アンヘル・ヒメネスに約54,000ポイント(ユーロ)差に迫っていて、ここ2週間の結果次第ではトップ5名に入ってくる可能性も高くなってきました。


また注目されているエドアルドとフランチェスコの「兄弟出場」ですが、エドアルドは先週欠場。今週のWGCには出場してきます。現在、両ポイントランキングで崖っぷちにいるため、賞金額の大きい今週、来週(全米プロ)でラストスパートをかけてくることでしょう。


よって、今日時点でチームが確定した場合、


米国
フィル・ミケルソン
ジム・フューリック
スティーブ・ストリッカー
・ジェフ・オバートン
アンソニー・キム
・ルーカス・グローバー
・マット・クーチャー
ダスティン・ジョンソン
+キャプテン推薦4名


欧州
・リー・ウェストウッド
ロリー・マッキロイ
グレイム・マクドウェル
ルーク・ドナルド
イアン・ポールター
・ロス・フィッシャー
・マーティン・カイマー
・フランチェスコ・モリナリ
・ミゲル・アンヘル・ヒメネス
+キャプテン推薦3名


となっています。


タイガー、大丈夫かいなぁ・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com