ライダーカップ米国チーム入りをかけた最後の試合!残り4名はタイガーと・・・

今日から始まるFedEx Cupプレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」。先週のザ・バークレイズから今週の大会に駒を進めたのはポイントランキング上位100名。次戦に進出できるのは70名で、今週さらに30名が切られることになります。


プレーオフの動向も気になるところですが、今週の大会の注目ポイントはもう一つあります。


ライダーカップです。

coreypavin0902.jpg
photo: zimbio.com


先週の欧州チームのようなドラマはないかもしれませんが、来週の火曜日にライダーカップ米国チームのキャプテン、コーリー・ペイビンが推薦選手4名を発表します。ドイツバンク選手権の会場に駆けつけるとのことで、自動的にチーム入りできなかった選手たちにとっては主将にアピールできるラストチャンスになります。


全米プロ選手権後のポイントランキング上位8名が自動的にチーム入り。全米プロ後、ポイントは更新されていないのですが、ペイビンは「自分の中でその後のポイントは付けている」とのこと。正式な数字ではないですが、推薦する上で直近の試合で調子の良い選手、そうでない選手を見極めているとのこと。


全米プロ後のランキングをおさらいしておくと・・・


■ライダーカップ米国チームポイントランキング(8月15日現在)
(上位8名が自動的に選出)

1. フィル・ミケルソン(6,095.063)
2. ハンター・メイハン(4,095.620)
3. ババ・ワトソン(3,894.319)
4. ジム・フューリック(3,763.642)
5. スティーブ・ストリッカー(3,697.976)
6. ダスティン・ジョンソン(3,573.804)
7. ジェフ・オバートン(3,533.148)
8. マット・クーチャー(3,415.853)
========上位8名が選出========
9. アンソニー・キム(3,274.684)
10. ルーカス・グローバー(3,052.874)
11. ザック・ジョンソン(3,051.897)
12. タイガー・ウッズ(2,902.580)
13. ボー・バン・ペルト(2,662.234)
14. スチュワート・シンク(2,644.833)
15. ベン・クレイン(2,629.796)
16. リッキー・バーンズ(2,610.171)
17. ニック・ワトニー(2,557.441)
18. ショーン・オヘア(2,417.574)
19. J.B.ホームズ(2,390.710)
20. リッキー・ファウラー(2,353.320)
21. ライアン・パーマー(2,276.379)
22. ライアン・ムーア(2,136.095)
23. ジェイソン・ボーン(1,817.241)
24. ケニー・ペリー(1,790.826)
25. スコット・バープランク(1,756.601)
=================================
【ポイントシステム】
・2009年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までに「オフィシャル」トーナメントで獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。ただし、メジャー、メジャーの裏で開催される試合、WGCの裏で開催される試合は除く。
・2010年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に2ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までにメジャーの裏で開催される試合およびWGCの裏で開催される試合で獲得した賞金1,000ドル毎に0.5ポイント。

=================================


さて、最大の注目はやはりタイガー・ウッズ。自動的にチームに入れないのであれば「選ばれる保証はない」と当初は言っていたペイビン。周囲の反対の声も強く、「世界No.1の選手はチームに必要」とこれまでの発言を撤回し、基本的には何があってもタイガーはチームに入れる方向でいるとのこと。先週のザ・バークレイズでも復活の兆しを見せているだけに、タイガーの推薦出場はほぼ確定と考えてもよいでしょう。


問題は残りの3枠。ランキング9位以下の選手を見ると、これといって目立った活躍をしている選手がいないのがペイビンの最大の悩みでしょう。親指の手術で3ヶ月欠場しながらポイントランキングで上位をキープしていたアンソニー・キムはWGCブリヂストンで復帰してからは本来の力を出せていません。前回大会では優勝に貢献し、ムードメーカーとしてはチームに欲しい存在ですが、本番まで1ヶ月を切っていて調子が戻る保証はなく、推薦するにはそれなりのリスクを伴う・・・。


グローバーは昨年の全米オープン優勝からポイントを大量に稼いだ感が否めず、今季は優勝がなくトップ10が3回、ザ・バークレイズでも予選落ち。逆に、ザック・ジョンソン全米プロで一時優勝争いに絡んでくるシーンもあり、ここにきて徐々に調子を上げてきています。何より今季は安定して成績を残しているのが心強い。昨年は2勝、今季はクラウンプラザ・インビテーショナルも勝っていて、今週よほど酷いプレーをしない限り有力候補の一人なのではないでしょうか・・・。


9位以下の選手で最も注目されているのはリッキー・ファウラー。実は全米プロ開幕前、ペイビンはライダーカップメンバー候補を集めた夕食会を開催していて、そこにファウラーも呼ばれていたのだとか。前回大会のキムのように威勢の良い若手はチームに勢いを与えます。今回の台風の目にもなりうる選手で、今週のドイツバンク選手権ではラストスパートをかけたいところ。


「昨夜、(ペイビン)からメールをもらい、キャプテンの仕事でもあるから今週は会場に来ると言ってました。・・・(推薦枠)4人の中に入れれば最高だけど、これがライダーカップに出られる最後のチャンスにならないことを祈ってる」


と意外にも冷静に分析しています。


タイガー以外の3名は横一線といった感じ。個人的には推薦4名は・・・


・ タイガー・ウッズ
・ リッキー・ファウラー
・ ザック・ジョンソン
・ ニック・ワトニー


になるのではないかと予想します。


ま、私の予想は往々にして外れますので、上記以外の選手が選ばれる可能性が高いのかとw

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com