米国ライダーカップランキング:いよいよ最終週!タイガー・ウッズ、最後の一戦「全米プロ」でトップ8入りなるか・・・

今週の「全米プロ選手権」終了後、自動的にライダーカップに出場できる選手が決まる米国チーム。昨年のメジャーと今年の試合結果を反映させたポイントランキングから上位8名がチーム入りします。残りの4名はキャプテンのコーリー・ペイビンが推薦します。


欧州チームのランキングが反映されていなかったので、取り急ぎ米国チームのみ公開しておきます。

■ライダーカップ米国チームポイントランキング(8月8日現在)
(上位8名が自動的に選出)

1. フィル・ミケルソン(5,818.963)
2. ハンター・メイハン(4,043.754)
3. ジム・フューリック(3,646.442)
4. スティーブ・ストリッカー(3,528.509)
5. ジェフ・オバートン(3,505.348)
6. アンソニー・キム(3,274.684)
7. マット・クーチャー(3,064.253)
8. ルーカス・グローバー(3,052.874)
9. ダスティン・ジョンソン(3,032.138)
10. タイガー・ウッズ(2,809.180)
11. リッキー・バーンズ(2,610.171)
12. ベン・クレイン(2,577.929)
13. ボー・バン・ペルト(2,568.834)
14. スチュワート・シンク(2,475.366)
15. ショーン・オヘア(2,417.574)
16. ニック・ワトニー(2,387.974)
17. リッキー・ファウラー(2,322.870)
18. ババ・ワトソン(2,274.319)
19. J.B.ホームズ(2,273.510)
20. ライアン・パーマー(2,202.112)
21. ザック・ジョンソン(2,181.897)
22. ライアン・ムーア(2,107.195)
23. ジェイソン・ボーン(1,817.241)
24. ケニー・ペリー(1,790.826)
25. スコット・バープランク(1,756.601)
=================================
【ポイントシステム】
・2009年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までに「オフィシャル」トーナメントで獲得した賞金1,000ドル毎に1ポイント。ただし、メジャー、メジャーの裏で開催される試合、WGCの裏で開催される試合は除く。
・2010年のメジャー4戦で獲得した賞金1,000ドル毎に2ポイント。
・2010年1月1日から8月15日終了時までにメジャーの裏で開催される試合およびWGCの裏で開催される試合で獲得した賞金1,000ドル毎に0.5ポイント。

=================================


先週のWGCブリヂストン・インビテーショナルを制したハンター・メイハンが10位→2位に急浮上し、上位8名での出場権を確定させました。マット・クーチャーも7位に上がりましたが、7位から13位までは大混戦。今週の全米プロはメジャー大会のため、通常よりポイントが倍付与されます。タイガー・ウッズは先週の78位タイという結果をうけて9→10位に後退しています。先日のWGC最終日後に


「今の俺はチームに貢献できない。18オーバーで回ってる選手がチームに貢献できるはずがない」


と今週もあまり多くを期待するのは酷かもしれません。今週の会場でペイビン主将と話し合うとのことで、何かしらの結論が出るのか、ペイビンの「世界No.1はチームに入るべき」という考え方が変わるのか、注目してみたいと思います。


約3ヶ月ぶりにツアーに復帰したアンソニー・キムですが、こちらは通算16オーバー、76位タイでフィニッシュ。久しぶりの実戦というよりもリハビリ期間中はまともにラウンドをしていなかったようで、ここはあくまでもウォームアップくらいにしか捉えていないでしょう。これから本番までにどこまで実戦感覚を取り戻せるか。


気になるキャプテン推薦ですが、ここにきてシニアツアーに移ってからもメジャーで優勝争いをするなど引き続き活躍が目に付くフレッド・カプルスの名前が挙がってきています。その他の候補としては、


スチュワート・シンク
・リッキー・バーンズ
・ライアン・パーマー
ザック・ジョンソン


らが挙げられています。


果たしてどんなメンバーになるのでしょうか。タイガーの動向一つでかなり顔ぶれも変わってくるはずです...。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com