ライダーカップ第3セッション:欧州が6戦を5勝1分で大逆転!ミケルソンは最多敗戦記録更新

ライダーカップ3日目、第3セッションのプレーが全て終了。雨の中断があったため日曜日に行われるはずだったシングルスは月曜日に持ち越されました。


昨日の午後から始まった第3セッションは欧州チームの圧勝となりました。


ライダーカップに関するニュースはこちら

第3セッションの結果です。


==========================================
■ライダーカップ第3セッション フォーサム(2組)
第1組:
タイガー・ウッズスティーブ・ストリッカー 
VS 
リー・ウェストウッド & ルーク・ドナルド 6&5


第2組:
ザック・ジョンソン & ハンター・メイハン 
VS 
グレイム・マクドウェルロリー・マッキロイ 3&1


■フォーボール(4組)
第1組:
ジム・フューリックダスティン・ジョンソン 
VS 
パドレイグ・ハリントン & ロス・フィッシャー 2&1


第2組:
ババ・ワトソン & ジェフ・オバートン 
VS 
ピーター・ハンソン & ミゲル・アンヘル・ヒメネス 2UP


第3組:
スチュワート・シンク & マット・クーチャー AS
VS 
エドアルド & フランチェスコ・モリナリ  AS


第4組:
フィル・ミケルソン & リッキー・ファウラー 
VS 
イアン・ポールター & マーティン・カイマー 2&1
==========================================


ianpoulter1004.jpg
photo: zimbio.com


昨日の午後から終始有利に進めて来た第3セッションの6試合。プレー再開後、一時は米国チームがオールスクエア、またはリードする場面もありましたが、終盤の数ホールでどの組も欧州が力を見せて勝利。このセッションを6-4のビハインドで迎えるも、明日のシングルスは9.5-6.5と逆に2点のリードで迎えます。


最後の3組は中盤で米国が息を吹き返す場面もありました。第3組のシンク&クーチャーは最後のホールを1UPで迎えるも、最終ホールのパー5でフランチェスコ・モリナリ(弟)が第3打を1メートル弱につけるスーパーショット。クーチャーがバーディパットを外し、モリナリ(弟)が慎重に決めてここもオールスクエア。結局、この日、米国チームは1ポイントも取れずに終了。流れが完全に欧州に傾いています。


ミケルソンはファウラーとのフォーボールで負け、米国チーム選手のライダーカップ歴代最多となる17敗目を記録。今大会、3試合を全敗。キャプテンのコーリー・ペイビンが期待を寄せて初日のトップバッターで組ませたのがミケルソン&D.ジョンソンのコンビ。皮肉にも、今大会両チームでここまでポイントを取っていないのがこの2人。ペイビンの「先見力」も問われてしまう結果になっています・・・。


ここまで欧州チームで2ポイント以上に貢献しているのがウェストウッド、カイマー、ドナルド、ポールター、フィッシャー、ハリントン。ハリントンはパートナーに救われている印象があり、特に調子が良さそうなのはウェストウッド、ポールター、ドナルドの3名。ミケルソン&ファウラーとの対戦となったフォーボールでは、5バーディでカイマーを引っ張っていました。ギャラリーを味方にして感情を露にしながら明日も欧州チームをリードしていくでしょう。


明日のシングルスの組合せはまだ発表されていませんが、恐らく欧州チームのキャプテン、コリン・モンゴメリーはマッチプレー(シングルス)実績のある選手を最初の方にプレーさせ、序盤で勢いをつけて早く勝負を決めにくることでしょう。ポールター(2勝0敗+WGCアクセンチュアマッチプレーのタイトル)、ウェストウッド(2勝4敗)、マクドウェル(1勝0敗)、ドナルド(1勝1敗)などが最初の方で出てくるのでは・・・。逆にヒメネス(0勝3敗)やモリナリ兄弟は最後の方でのプレーになるかもしれません。


最終日のシングルスは現地時間9:05(日本時間17:05)にスタート予定。3点リードを守り切るためにどのような順番を組んでくるのか・・・。反対に米国の選手たちはこの流れを変えられるのか・・・。


残すはシングルス12試合。最後の最後まで決まらないドラマが見てみたいですね!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com