ちょっと笑える一言(全英オープン2日目)

全英オープン2日目、この日もたくさんの名言が生まれました。


■メディアが愛すメディエイト

初日トップタイに立ったロッコ・メディエイト。先月の全米オープンタイガー・ウッズとの歴史的な接戦を演じ一躍ヒーローになった。


その正直で、ひねくれていない、且つ飽きないコメントの数々でメディアからも愛されている。


全米をきっかけに復活したのか?と聞かれ一言。


「俺はこのスポーツを愛している。
 そして多くの人の前で演出できることも幸せに感じる。
 世界で一番カッコいいと思う、
 プロゴルファーという職業は。
 他にこんなにやりがいのある仕事はあるのかな。
 もう少しの間だけ、この職を手放したくないよ」


今の調子でいけば、その心配はなさそうですよ・・・。


■シャープなシャーク

崔京周がホールアウトするまでは単独首位に立っていた「ホワイトシャーク」こと、グレッグ・ノーマン。本年53歳、恐らくそこらの日本のサラリーマンよりラウンドの数は少ないだろう。


復活のきっかけは新たな人生のパートナーを手にしたことが大きいのかもしれない。再婚したお相手はテニス界の元女王、クリス・エバート。最近はゴルフ場よりもテニスコートで明け暮れている日の方が多いとか。持病の腰痛や心肺機能が強化されたとノーマンは言う。優勝すれば全英オープン史上最高年齢優勝記録を更新する。これまでの記録を5年も上回る。


ノーマンを間近に見た27歳のジャスティン・ローズが一言。


「彼は23歳の身体をしながら、頭の中は53歳だ。
 素敵な組み合わせだよね。」


経験だけは買えないですからね・・・。


■ノーマン⇒メディエイトに一言


今週、練習ラウンドの日にノーマンはメディエイトに駆け寄った。全米オープンでの健闘を祝福するためだった。「ロッコ、このゲームに最も必要だったもの、お前が全米オープンで成し遂げてくれた」と。


タイガー・ウッズは最高のプレーヤーだ。
 でも(全米で)みんな目撃したものは、
 たとえどんな背景を持っていようが、
 どんな資格を持っていようが、
 何歳であろうが、お前が誰であろうが!
 もし本当に、本当に手にしたいものがあるなら、
 それは実現できるんだって、ことだ。
 偉大な功績だと思う」


■締めの言葉

ロッコ・メディエイトから全英オープンについて一言。


「最高だよ。最高に好きだよ。
 どうやったら好きじゃなくなれる?
 全英オープンだぞ。
 (明日以降、天候は)もっと酷くなると聞いてる。
 最高じゃないか!」



【PR】
ゴルフダイジェスト・オンライン
【セレクトショップ】キャロウェイゴルフ

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com