全英3日目速報:グレッグ・ノーマンに夢を託して

全英オープンの3日目、ムービングデイとはいってみたものの「現状維持」がベストの状況下で、首位を走っていた崔京周がずるずる後退する中、グレッグ・ノーマンが最も安定してたゴルフで単独首位に返り咲いた。

norman0720.jpg
photo: pga.com


果たしてこれはゴルフなのだろうか?と思わせるような暴風。時速75キロの風でアドレスを取り直す選手も多く、パッティングでも風を考慮して打たなければいけないほどだった。世界のトッププレーヤーたちが揃って大苦戦を強いられた。


そんな中、53歳のノーマンはイーブンパースタートで2打落としただけに止まり、2オーバー。韓国の崔京周(チェ・キョンジュ)が5打、昨年度の覇者パドレイグ・ハリントンが2打落とし、ノーマンは第137回全英オープン最終日を2位のハリントン、崔京周に2打差をつけてスタートする。今日、ノーマンの姿をメジャー最終日スコアボードのトップに再び見られること自体が夢のようだ。


でもそのフェアリーテールが現実味を帯びてきた。あと18ホール。長い一日になるのは間違いない。天候が少しでも良くなれば、2位以下にいる選手にだって、まだまだ逆転の可能性は残っている。


12年前を思い出す。1996年のマスターズ最終日。ノーマンは6打差リードをニック・ファルドにひっくり返された。涙を呑んだ。


豪快なスイング。ダンディなスマイル。闘志を剥き出しにするプレースタイル。長年、オーストラリアのみならず、世界中のアマチュアゴルファーの鏡だった。


いや、今でも世界中のアマチュアの鏡だ。


そう言いたいから、ブラウン管に向かって「Get in the Hole!」と叫ぶことにする。


あと一日だけ、ノーマンに夢を託したいと思う。頑張れ、ホワイトシャーク!




【PR】
ゴルフダイジェスト・オンライン
【セレクトショップ】キャロウェイゴルフ

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com