全英オープン最終日:テレ朝とネットワークの中継の温度差が実に面白い

全英オープン最終日もいよいよ大詰め。僕はゴルフネットワークの英語の中継とテレ朝をCMに入る度にスイッチングしているのですが、解説の方々のコメントを聞いているとその差が実に面白い!

ゴルフネットワークの英語は現地BBCの中継で、そのため英国選手を後押ししていて、15番パー3でリー・ウェストウッドが奥のバンカーから出した時も


「Stop, stop, stooooop!!(止まれ、止まれ〜!)」


と手に汗握る声を挙げていました。


一方、テレ朝の青木、戸張、羽川のお三方はあからさまにトム・ワトソンを応援していて、度々のピンチに、


「よし、入れ!」


と叫んでいます。


同じ中継をしている人たちにもそれぞれの思惑があるんですね。きっと日本の視聴者からしてみればウェストウッドよりかはワトソンの方がゴルファーに馴染みがある名前ですし、石川遼タイガー・ウッズが消えてからはこの人が上位に残ることを祈っていたことでしょう。


お疲れ様です。あと1時間頑張ってください。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com