全英オープン初日:ダスティン・ジョンソン、エース決めるも体調不良で喜べず

これだけのトッププレーヤーが集まれば、スーパーショットも朝飯前。でも、このショットはゲームでも再現できないレベル!


全英オープン初日のベストショットはダスティン・ジョン​ソンで決まり!

16番ホール、163ヤードのパー3。ジョンソンは右からえぐるようなドローショットを放ち、サイドスピ​ンのかかったボールはグリーン左サイドのピンに目がけて1、2、3、4回跳ねて・・・カップに吸い込まれるように入っていきました。


こちらがその動画。



※より鮮明な動画は全英オフィシャルHPの動画→Thursday's - End of Day Highlights→0:25あたりからご覧になれます。


ピンに当たってなければ確実にグリーンからこぼれていたショットでしたが、ジョンソンは同じ組のイアン・ポールター


「カップの底にボールがあれば何でもいいよ」


と言ったそうです。


フロントナインでスコアを崩したものの、14番から4ホールで5つスコアを伸ばして初日を​イーブンパー、36位タイで終えたジョンソン。さぞかし喜んでいるのかと思い​きや、ラウンドを振り返って


「14、15番バーディ、16番イーグル、17番をバーディであ​がってこれてラッキーだった」


とさえない様子だったそうです。実は、イギリ​スに入ってから原因不明の感染病にかかってしまい、首の後ろの腺が肥大化してしまっているのだとか。抗生物質を服​用しながら出場していて、体調が芳しくないようです。


「全然楽しめないよ。具合悪いから帰って寝る。皮膚が腫れ上がってるんだ」


と、足早にコースを後にしたのだとか。


それにしても一生に一度あるかないか(しかもメジャーで!)のホールインワンですし、せめて「16番イーグル」じゃなくて「16番エース」って​言って欲しかったですねw

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com