マナセロ、サバティーニ、石川遼ら2011年全米オープン「第1次」カットで出場決めた選手一覧

先週の大会の結果を反映させた最新世界ゴルフランキングが22日付(日本時間では23日)に発表され、上位50名が6月16~19日に開催される「全米オープン」の出場権を獲得。そして先日、茨城ゴルフ俱楽部西コースで行われた全米オープン予選会で久保谷健一ら4名も出場権を獲得。


フルフィールド156名のうち現段階で総勢76名が決まっています。今年は1924年に創設され、これまでに全米オープンを2度、全米プロ選手権を1度開催している(そしてタイガー・ウッズの大会「AT&Tナショナル」も2007~2009年まで開催した)コングレッショナル・カントリー・クラブ。


mcdowell0524.jpg
photo: zimbio.com

いよいよメジャー第2戦のフィールドが固まり始めました。1年が経つのは早いですね・・・。ダスティン・ジョンソンが最終日の出だし3ホールで5打落とし、決して派手さはなかったグレイム・マクドウェルが狙ったかのようにイーブンパーでホールアウトして初メジャー制覇。石川遼も予選ラウンドは粘りのゴルフを見せてくれました。


今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。このリストを見ているだけでしてきます!


======================================
■2011年全米オープン出場選手(5月22日現在)
ロバート・アレンビー(豪)
アーロン・バデリー(豪)
ベ・サンムン(韓国)
スコット・バー(豪)
ジョナサン・バード(米)
アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)
マイケル・キャンベル(ニュージーランド)
ポール・ケイシー(英)
アレックス・チェイカ(ドイツ)
崔 京周(韓国)
デビッド・チュン(米)*
スチュワート・シンク(米)
ティム・クラーク(南ア)
ベン・クレイン(米)
ジェイソン・デイ(豪)
ルーク・ドナルド(英)
アーニー・エルス(南ア)
リッキー・ファウラー(米)
藤田寛之(日本)
ジム・フューリック(米)
ルーカス・グローバー(米)
レティーフ・グーセン(南ア)
ビル・ハース(米)
アンダース・ハンセン(デンマーク)
ピーター・ハンソン(スウェーデン)
パドレイグ・ハリントン(愛)
グレゴリー・アブレ(仏)
チャーリー・ホフマン(米)
トレバー・イメルマン(南ア)
石川遼(日本)
ミゲル・アンヘル・ヒメネス(西)
ダスティン・ジョンソン(米)
ザック・ジョンソン(米)
ロバート・カールソン(スウェーデン)
マーティン・カイマー(ドイツ)
アンソニー・キム(米)
キム・ドフン(韓国)
キム・キョンテ(韓国)
久保谷健一(日本)
マット・クーチャー(米)
マーティン・カイマー(ドイツ)
デービス・ラブIII(米)
ハンター・メイハン(米)
マテオ・マナセロ(伊)
グレイム・マクドウェル(北愛)
ロリー・マッキロイ(北愛)
フィル・ミケルソン(米)
エドアルド・モリナリ(伊)
フランチェスコ・モリナリ(伊)
ライアン・ムーア(米)
ケビン・ナ(米)
ジェフ・オギルビー(豪)
ルイス・ウーストハウゼン(南ア)
ジェフ・オバートン(米)
ライアン・パーマー(米)
イアン・ポールター(英)
アルバロ・キロス(西)
ジャスティン・ローズ(英)
ロリー・サバティーニ(南ア)
チャール・シュワーツェル(南ア)
アダム・スコット(豪)
ヒース・スローカム(米)
ブラント・スネデカー(米)
ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)
ケビン・ストリールマン(米)
スティーブ・ストリッカー(米)
デビッド・トムズ(米)
ピーター・ユーライン(米)*
ボー・バン・ペルト(米)
カミロ・ビジェガス(コロンビア)
ニック・ワトニー(米)
ババ・ワトソン(米)
リー・ウェストウッド(英)
マーク・ウィルソン(米)
タイガー・ウッズ(米)
Y.E.ヤン(韓国)
======================================
(76名)
* アマチュア


これから地域予選などを突破した選手が確定していくのですが、今年から新たなルールが導入され、22日付の世界ゴルフランキングだけではなく、6月13日(月)に発表されるランキングで上位50名に入っていれば出場権が与えられることになったのです。これは昨年のザ・メモリアル(6月第1週)を優勝したジャスティン・ローズ、2位に入ったリッキー・ファウラーが全米に出場できなかったことを受け、その時最もホットな選手に出場権を与えようという狙い。


なので、先日、日本国内で流れていた「石川遼、全米OP滑り込みセーフ!」といった論調のニュースは必ずしも正しくはなくて、トップ50の瀬戸際にいる選手にとっては6月13日の「第2次」カットラインまで猶予があるわけです(6月13日までに出場してポイントを稼ぐ意思があるということが前提ですが・・・)。


今年は果たして誰が栄冠を手にするのか?ルーク・ドナルドがここで一気に世界No.1に登りつめるのか(その前にも達成しちゃうか!?)?


AT&Tナショナルの初年度覇者、今年のザ・プレーヤーズでは初ビッグタイトルを獲得した崔京周が勢いに乗って初メジャー?それとも、同じくAT&T優勝で一気にスター候補として注目を浴びたアンソニー・キムの復活?


それとも、1997年にこの舞台でメジャー2勝目を挙げたアーニー・エルス


つーか、タイガーは無事出場できるのか?


これから盛り上がってきますね!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com