全米オープン4日目:矢野東、OAKLEYのウェアがイケてないという都市伝説[画像あり]

ようやく第3ラウンドを終えた今年の全米オープン。4位タイでスタートした矢野東でしたが、この日はちぐはぐなゴルフで「77」を叩き32位に急降下。優勝戦線から一気に脱落してしまいました。


矢野東といえば、昨年日本ツアーの賞金ランキング2位に入り男子ツアーの中でも一目置く選手に成長。ビジュアルも良く、着ているウェアもおしゃれ・・・


と思いきや、テレビでご覧になってお気づきの方も多いと思いますが、この日矢野が着ていたシャツをよ~く見てください。


azumayano0622b.jpg
photo: espn.com


左袖に「75」。これを見たアメリカの某メディアの番記者はライブ更新していたブログでこう書いています。


==============================


「59ベルト」というベルト・ベルトのバックルメーカーがあるようです。ゴルファーにとってはマジックナンバーですよね。


「59」という数字がゴルファーに心理的なアドバンテージを与えるのかもしれませんね。


もし、本当に心理的な何かがあるのであれば、矢野東が纏っているシャツの意味が理解できない。こちらも同じく数字が入っています-「75」番。


プロゴルファーが「75」という数字を身にまとってプレーするなんて正気か!?ホテルを出発する前に勝負を捨ててるようなものじゃないのか。


==============================


意図的に「75」という数字を選んだわけではなく、こちらOAKLEY社の「1975年」設立から取って作られたそうです。


azumayano0622c.jpg
photo: espn.com


(楽天)OAKLEY(オークリー)USオープン【矢野東】着用モデル


矢野に選択肢があったかなかったかは定かではありませんが、プロゴルファーにとっては少し縁起の悪い数字ですよね...。でもそんなことを言ったら上田桃子(89)iconなんてどうなってしまうんでしょうかw


いずれにしろ、身にまとった数字にほど近いスコアを叩いてしまった矢野。最終日のウェアにも(一応)注目してみたいと思います。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com