全米初日:ニック・ワトニーのミラクルアルバトロス

もう過去の話なんですが、アーカイブとして残しておきたかったのであぷしておきます。


初日のラウンド、9番スタートながら8ホール終えて3オーバーとなかなか波に乗り切れなかったニック・ワトニー。


この1発で流れが変わったみたいです。



前半最後となるパー5、17番。全米史上3人目となるアルバトロス(ダブルイーグル)を達成。これで3オーバーが一気にイーブンパー。この後、後半の7番でバーディを奪ったワトニーは1アンダー、69でホールアウト。


「あまり良い出だしではなかったけど、決して悪いゴルフはしてなかった。パッティングで何打か落としてしまった。16番はパー6だし。あまりミスをしていないのに16番終わって3オーバー。でも17番の1打は一生忘れないね。結果的には良いラウンドになった。


「(17番のアルバトロスを決めた後)不思議な気持ちになった。どんな気持ちだったかは覚えてない。信じられない気持ちと喜び。とにかく興奮した。・・・入るのは見れなかった。歓声で入ったと分かった。惜しかったけど外れて『おー』という声が聞こえてくるかと思ったけど、そうではなかった」


「アルバトロスを決めたことはあるか?試合では初めて。記念になるね」


2日目、5オーバーでスコアを崩し通算4オーバーでホールアウト。ショットメーカー有利のコースで、決勝ラウンドでのプレーにも期待したいですね。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com