全米オープン最終日速報:ミケルソンが最難関15番をボギー!これは痛い!

4アンダーで並んでいたフィル・ミケルソンがこのベスページ・ブラックの最難関ホール15番で痛恨のボギー。ルーカス・グローバーが14番をパーとし、日本時間1:25現在、再びグローバーが単独トップ。


2位タイにミケルソン、ロス・フィッシャーが並び、更に一打差の4位タイにハンター・メイハンリッキー・バーンズが粘っています。


ミケルソンのボギーは痛すぎます。1メートルもないパーパットは不運にも最後の最後でスライスし、下りのラインで落ちてしまいました。しかも、このホール、ミケルソンは201ヤード残っていた2打目をスーパーショットでパーオンしていただけに・・・。ミケルソンのワンパットが勝負の分れ目になってしまうのでしょうか・・・。


先週から続いていた雨も止み、この日は見るからに昨日までと違うグリーンの状態。最後の最後はやはり全米オープンらしくグリーン周りの勝負になりそうです。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com