中国出身の14歳アンディ・チャン、全米OP史上最年少出場へ!

いよいよ全米オープン。飛ばしていきます。気付いたらバンバン書いていきます。


さて、今朝TwitterのTLを眺めていると、ブラント・スネデカーが脇腹のケガで出場を辞退。代わりに出場権が回ってきたのはトップアマのジョーダン・スピース


ほー、やったなジョーダン!と思っていたら、30分ほどして今度はポール・ケイシーがケガを理由に辞退。代わりにフィールドに滑り込んだのは、なんと、14歳の少年!

andyzhang20120612.jpg
photo: Golfweek


本戦に出場を決めたのは中国出身の14歳、アンディ・チャン(Andy Zhang)。現在はフロリダ州にあるIMGゴルフアカデミーに所属。一体どんな選手なのか・・・。


中国山東省の出身、誕生日は1997年(97年!)12月14日。昨年11月、IMGが主催するジュニア大会「サンクスギビング at グランドサイプレス」で15~18歳男子の部で2位以下に9打差を付けて優勝(ちなみに、2位は日本の「ミヤギ・シュン」というジュニア)。今年の2月、同主催の「ワールド・ゴルフビレッジ」でも2位以下に8打差を付けて圧勝。全米オープンの予選会では地区予選を突破し、レカント(フロリダ州)で行われた最終予選ではプレーオフで惜しくも破れ、今大会のウィティングリスト5番目に入っていました。先週末の段階でウィティング2番目まで上がっていて、スネデカーとケイシーの辞退で出場権を獲得。


これまでの全米オープン最年少出場者は2006年に15歳で出場したタッド・フジカワ。14歳6か月で出場するチャンは約1年記録を塗り替えることになります。


先週のフォン・シャンシャンしかり、今年に入ってゴルフ界に「中国」出身選手が話題に挙がり始めていますね。4月にも13歳のアマチュア、グアン・ティンランが欧州ツアーの最年少出場記録を塗り替えていました。


こちらは出場を知りキャディ(トレーナー)と記念撮影するジャン君(左)。


andyzhang20120612a.jpg
photo: Instagram@matt_ginella


ケイシーの枠に入るということは、予選ラウンドは日本の藤田寛之マーク・ウィルソンと同じ組に!日本だけでなくアメリカのメディア、解説者の大半(全員?)は彼のプレーを見たことがないわけで、おそらく注目されるでしょうね。楽しみですね。


しかも、火曜日(今日)の初練習ラウンドの相手はババ・ワトソン&アーロン・バデリーなんだとか。ちゃんとケイシーに菓子折りでも送っておきなよ!


ここまでくると、3Rはもうベテランの域に入っているんですかねぇ。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com