全米オープン最終日速報:ミケルソン、デュバルが共に後退!グローバーが2打差リードで首位

フィル・ミケルソンがパー3、17番で痛すぎるボギー。そして、直後に同じ17番に入ってきたデビッド・デュバルも1メートル弱のパーパットを外しボギー。これで16番をバーディとしてルーカス・グローバーが4アンダー、ミケルソンとデュバルが2アンダーで2位タイ。


と言っている間にミケルソンが18番のバーディパットを僅かに外しバーディならず。あとはグローバー次第となった。

皮肉にも首位に並んでいたミケルソンとデュバルが同じ17番のティショットで同じような深いラフに捕まった。そこから3打。大観衆はミケルソンと彼の家族を応援する意味でも声援を送り、そして冷静に一歩ずつ追いつめる元王者デュバルのマジックに酔いしれていました。


グローバーは17番を難なくパー。2打差リードで最終ティグラウンドに向かっています。デュバルは18番グリーン上でバーディパットを残していますが、グリーン奥からのロングパット。


最後にゴルフの神は誰に微笑むのでしょうか・・・。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com