全米オープン4日目速報:まもなくティオフ!「キング」片山に続け、矢野東

まもなく全米オープン最終日(4日目)がスタート。現地時間の日曜日正午(日本時間22日午前2時)にプレー再開されることが発表されました。


首位のリッキー・バーンズと5打差、3アンダーで4位タイにつけている矢野東。日本人選手で唯一予選を突破、本戦に残るどころか堂々と優勝争いに絡んできています。まもなく、現地時間12:16にマイク・ウィアと1番ホールからスタートします。

yano0622.jpg
photo: newsday.com


矢野は3日目に6バーディ、1ボギーの5アンダー「65」で一気に上位に食い込んできました。大雨によってグリーンが受けやすくなっていて、矢野自身「飛距離がなくても勝負ができる状態」と言っているように、今週の豪雨は「恵みの雨」になっているのでしょう。ベスページ・ブラック本来の「怖さ」が影を潜めていることも、全米初出場の矢野にとっては「知らないアドバンテージ」になっているのかもしれませんね。


マスターズで片山晋呉が4位に入りましたが、無欲で挑んでいる矢野にはもっと大きな希望が持てそうですね。首位に立っているのは無名の選手で、付け入る隙はある!


>動画インタビューはこちら

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com