全米女子優勝会見:ポーラ・クリーマー、メジャー優勝のご褒美は「バーキン・バッグ」!?

ポーラ・クリーマー全米女子オープン優勝記者会見の一部を訳しました。


なにやら自分へのご褒美プランもあるようで・・・。


=================================
Q:子供頃にはゴルフを学ぶために親元を離れ、そして今回も親指のケガなどを乗り越えての優勝。これまでを振り返ってみて、この1勝はどのような重みがありますか?


ポーラ・クリーマー
「信じられません。自分では、これまでそこそこの実績を残している選手だと思っていましたけど、あの質問がいつもどこかで残っていました。なぜメジャーを勝てないのか、と。我々はそれを手にしました。そして二度とその質問を投げかけられることはないでしょう(笑)。


「肩に圧し掛かっていた重いものが下りた感じはしますが、それでもこの時はいつか来るだろうと信じていました。私が辛抱強く耐えることが必要でした。昨日も言いましたが、ここ数ヶ月間の期間は、私にとって最も重要な時間でした。いろんな意味で成長した時期でもあり、どうやって逆境を乗り越えるかを学び、そしてどのように『大人』になっていくかを勉強させてもらった時間でした。そして、毎日、自分がいかに恵まれているかを考えるきっかけになりました。


「(親指の)手術を受ける前は、もう二度とゴルフができないかも、手術が失敗したらどうなるのか、と考えた時もありました。でもそれは通らなければいけない道だったのです。今、私の隣に全米女子オープンのトロフィーがあるので、素晴らしい体験をさせてもらいました」


Q:そのトロフィーにはパティー・バーグ、ベイブ・ザハリアス、ルイース・サッグス、ミッキー・ライト、パッティー・シーハン、ベッツィー・キング、アニカ・ソレンスタムらの名前に並んであなたの名前も刻まれます。女子ゴルフの選手権大会では最古の大会です。


ポーラ・クリーマー
「最初のメジャータイトルがこの大会だったことを誇り思います。みなさん、このトロフィーは錆びてみえるかもしれませんが、頑丈ですよ。安心してください。みんな釘付けになって見ていますが、どこにも行かせませんよ!


「自分の名前がこのような選手たちと並ぶことは光栄です。私のキャリアの中で、ジュリー・インクスターはいつも模範にしていた人ですし、今の女子ゴルフ界の形を作ってくれたパイオニア、アニカと同じトロフィーに名前が刻まれるなんて信じられません。私個人にとっても最高の功績ですし、これからも何度も自分の名前が刻まれることを祈っています」


Q:肉体的に100%だった時に勝てなかったのに、80%の状態で全米女子オープンを勝てたのはなぜですか?


ポーラ・クリーマー
「80%もいってなかったかもしれません。ずっと言っていますが、多分60%くらいだと。ゴルフはいかにメンタルなゲームであるかということです。


「私は自分ができるんだと信じていました。手にギブスが付いていた時も自分はできる、と思っていました。その時からずっとオークモントのことだけを考えていました。綿密な計画を立てて挑めば、こういう素晴らしい結果が生まれるということです。時にうまくいかない時だってあります。ただ、うまくいった時の感触といったら、もうこれは言葉になりません。復帰して4週間目にこの結果が出たことは、本当に信じられない気持ちです」


Q:親指のせいで、意識的に、または無意識的にスイングは変わっていたのですか?


ポーラ・クリーマー
「もちろん、いろんなことを変えなければいけませんでした。自分の癖は自覚してますし、親指のケガがどんな状態であれ、その癖は完全になくならないのはわかってました。


「でも、まだ打てないショットがあることは散々聞かされていましたし、今の自分に打てるショットに徹する必要がある、と言い聞かせていました。風の強い日もありましたが、今はまだ低い、『打ち込む』ショットができないので辛かったです。でも一時と比べると良くなってきています。昔と比べると、今は自制心があるし、(この試合は)フェアウェイをキープすることにより重きを置いてプレーしていました。手のケガのせいで、他の選手たちよりもラフに打ち込んでしまった時のダメージは大きかったです」


Q:親指はどれくらい休ませることができるのですか?


ポーラ・クリーマー
エビアン・マスターズに出場する予定なので、今週はオフです。ただ、今週の終盤は少し練習しなければいけません。今までで最も腫れ上がっていると思います。プレーしている時は考えないようにしていますけど...。


「今は、このテープ(親指を固定していたテープ)からはみ出るほど膨れています。取ったらどんな状態になっているのか見るのが怖いです。少し休ませることはできるし、(優勝できたから)親指もハッピーでしょう」


Q:スイングで一番気をつけていた点は?


ポーラ・クリーマー
「私は、スイングの『高さ』を維持することが最も重要なポイントです。胸も一緒にフォローしていく感覚です。手が疲れてくると、どうしても体の右側に力が入ってしまい、それによってフックボールが出てしまったりします。なので私が一番気をつけているのは常にスイングの高さを保つこと。最後数ホールはそれもできていましたし、リズムも良かったと思います」

Q:今週は4日間通してスコアが安定していましたね。過去2年の全米女子での残念な結果を受け、何を心がけていたのですか?


ポーラ・クリーマー
「一番の目的は良いゴルフを4日間続けることでした。これまでのメジャーでは4日間続けて自分のゴルフができていませんでした。いつも苦しいラウンドがどこかにあったり、1ホールだけ良いゴルフができなかったり...。今回は『忍耐力』があったから勝てたのだと思います。自分の目標を達成できたのです。それもこれまでのメジャーでの経験があったからこそできたのだと思います。昨年の10番ホール(「7」を叩き脱落)で勝負が分かれましたが、あのホールがあったからこそこのトロフィーを手にできたのだと思います。今週も、これまでに起きてきたことを受け入れ、現実として起きそうになった時には過去の経験を思い出していました」


Q:お父さんもここから遠くないバットラーで育ったそうで、あなたや家族にとって縁のある地で勝てたことは特別ですか?


ポーラ・クリーマー
「面白いのが、大会が始まる前、『今週かも』と思えることや偶然がたくさんあって、父がここから道を渡ったところで12年間も住んでいたんです。でもジンクスにしたくなかったし、『こういう状況だから勝てるかも』とかは言いたくありませんでした。でも勝ってみると、本当に特別な思いです。ニューヨークに住んでいる親戚も多く駆けつけてくれましたし、父親もこの近くの出身ですから、喜んでくれていると思います」


Q:あなたの話を聞いていると、USGA仕様のコース、全米女子オープンの戦い方を熟知している選手の言葉に聞こえてきます。ベテランにもなるとそれを分かってくる選手も増えてきますが、それを学ぶためにあなたのように手術を経験する必要はありませんよね。


ポーラ・クリーマー
私は必要以上に自分の人生に試練を与えているのかもしれません(笑)


Q:他に学べる手段はありましたか?


ポーラ・クリーマー
「もっと楽な方法はあったかもしれません・・・。だって手術は...みんな好んで選ぶ道ではないと思いますから(笑)。親指の手術を受けて、メジャーを勝つなんて信じられません。(手術を受けた)後、それを達成できる確率はグッと下がると思います。でも、物事は理由があって起きるわけで、過去の起きたことが自分を強くしてくれたと思います。あとは『意志』だと思います。私はコツコツとやり遂げるタイプです。痛みがあってもプレーはします。110%の力を出し切ります。スコアカードにサインをして、勝つべく人が勝つんです。私はいつでも『平均』には満足しません。ここ数週間はそうでしたが、今週、全てが上手く回り始めたのです」


Q:「メジャーを勝ったら絶対買う」と決めていたモノはあるんですか?


ポーラ・クリーマー
「あ~、あります!いつか買おうと思っていたものが・・・ハンドバッグ。分かります、ありがちですよね。...恥ずかしい!」


Q:なんのハンドバッグですか?


ポーラ・クリーマー
バーキン・バッグ。すごいレアなバッグで、ウェイティングリストが何年っていうモノなんです。どうなることやら・・・。最悪ですよね?分かってます。・・・お金云々じゃなくて、『初めてメジャータイトルを取ったら買いたい』って決めてたんです。実はスカイダイビングもそう!そうです、メジャーを取ったらみんなでスカイダイビングに行こうと言ってました」


Q:「みんな」って誰ですか?


ポーラ・クリーマー
「後ろにみんな立ってますよ。まずは父親。彼はネイビーで何度も体験してるから大丈夫でしょ。あとはマネージャーのジェイ、コーチのデビッド。コリン(キャディ)は高所恐怖症だからグランドスラムか何か達成しない限り彼は無理かな。それはデビッドの事務所に目標として書いてあると思います。すごく楽しみです!」
=================================


ということで、「バーキン・バッグ」を調べてみたところ、あのエルメスブランドの鞄のようで、こちらのサイトにこのような歴史的背景が・・・。


=================================
エルメスの社長(ジャン・ルイ・デュマ・エルメス)が偶然飛行機でイギリス歌手の「ジェーン・バーキン」に出会い、エルメス社で「バーキン」というバッグを作ることにしたそうです。その時ジェーン・バーキンは、カゴに整理せずに手当たり次第モノを詰め込んでおり、その姿を見たエルメスの社長がヒントを得たんですね。つまり日本でも大人気のバッグ「バーキン」は「ジェーン・バーキン」という歌手から取られた名前ということになります。エルメスとバーキンにこんな歴史があったなんて、皆さん知ってましたか??
=================================


なんか、勝手なイメージですけど、ポーラって整理整頓が苦手そうですよね...。


とにかく「容量」重視のバッグだから、ポーラが買おうとしてるのは、こんな感じなのかな?


paulacreamer20100712.jpg
photo: commons.wikimedia


似合うと思いますよ♪おめでとう!

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com