全米女子オープン3日目速報:宮里&上田は不発!残る希望は不動のみ

日本時間12日午前2:49現在、全米女子オープンのムービングデイに最終組のポーラ・クリーマークリスティー・カーが先ほどスタート。イーブンであれば上出来のコースセッティングで、上位2人が抜け出すのか・・・。はたまた既に4名しかいないアンダーパーの選手たちまでスコアを落として団子状態で最終日を迎えるのか・・・。いずれにしろ、今年の全米女子オープンは最後の最後までもつれそうな展開、セッティングになっています。


気になる日本勢ですが、予選を突破した5名のうち宮里美香宮里藍は既にホールアウト。宮里美香はこの日は1つもバーディを奪えず、5ボギーの通算14オーバーで暫定61位。


宮里藍は前半で2バーディ、2ボギーでラウンドし、後半は奇麗にオールパー。昨日と変わらず通算6オーバーで暫定29位タイで終了しています。昨日の6オーバーが37位タイだったので、パーで回れば勝手に上から落ちてくる構図になっているのがよく分かりますよね。今日のプレーが終わる頃には25位くらいにいるかもしれません。


上田桃子モーガン・プレッセルとのラウンド。快調にバーディを重ねるプレッセルとは対照的に、上田は出だしでいきなりボギー。その後2バーディを奪って上位進出が見えたのですが13、14番と連続ボギー。結局、この日は1つスコアを落とし通算8オーバー、暫定48位につけています。プレッセルは2つ伸ばし、暫定21位タイ。


福嶋晃子は15番を終えて宮里藍と同じく6オーバー。まだ前半を回っている不動裕理が日本勢唯一のホープかもしれません。一つスコアを落としてもまだ9位タイに踏みとどまっていますし、トップとは変わらずの5打差。


ショットの安定を課題に挙げていた不動。ごまかしが効くようなコースではないけど、なんとか最後まで粘り通してほしいものですね。


LPGA.comのライブスコアはこちらから


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com