タイガー・ウッズ、膝は大丈夫!「WGC CA選手権」出場決定

タイガー・ウッズの復帰第2戦が決まった。12日から4日間、米フロリダ州ドラール・ゴルフリゾート&スパで行われる「WGC CA選手権」に出場する意思を自身のホームページで明らかにした。


tigerwoods0307.jpg
photo: flickr@rjdudley


昨年の全米オープン優勝以来の出場となった「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」では1回戦でブレンダン・ジョーンズを破ったが、続く2回戦でティム・クラーク(南アフリカ)に完敗。


久しぶりの出場で手術明けの左膝の状態が懸念されたが、「痛みも腫れもなく、熱心に練習に取り組んでいる」とHPでは明かしている。


今回出場するドラールでは好成績を残している。「フォード・チャンピオンシップ」として2005、2006年を連覇、WGC CA選手権となった2007年の大会も勝ち、ドラールでは3連覇を達成。昨年は5位タイに終わるも、6回の出場でトップ10を外したことがない。


昨年、タイガーのドラール4連覇を阻止したのが、今季絶好調のジェフ・オギルビー。タイガーの復帰戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」を優勝し、世界ランキングも4位に浮上。今最も勢いのあるオギルビーVSタイガーの直接対決も見られるかもしれない。


この大会は77名が出場。世界ランキングトップ50名とPGAツアーのFedEx Cupポイント、
欧州ツアーの「Road to Dubai」ランキングの上位選手が選出される。予選カットがないためタイガーにとっては復帰後初めて4日間プレーすることになる。


PR

Access Ranking

Golf-aholic.com