池田勇太、ニック・ワトニーのミラクルショットに屈す[動画あり]

石川遼とは対照的に苦戦を強いられ、アメリカの若手ニック・ワトニーに4&3で敗れた池田勇太。どうやらうどんのスポンサーもついてこれまで以上に注目される立場になったようですが、この日のワトニーの勢いには「コシの強い」プレーは全く見せられなかったようです・・・。

iconicon
石川遼参戦記念!WGCアクセンチュアマッチプレー選手権メッシュポロ&重ね着インナーセットicon

序盤3ホールで2アップと幸先の良いスタート切った池田。しかし、4番からワトニーが実力を本領発揮。前半を終えて逆に2アップとして、3アップで迎えた14番パー4。


こんなショットを決められては太刀打ちできません。



恐らく今大会(今季前半)のスーパーショットの一つになるでしょう。


ワトニーは昨年一気に開花した28歳。難コースのトーレーパインズを攻略しビュイック・インビテーショナルを優勝(ツアー通算2勝)、FedEx Cupポイントランキングでも12位に入っています。今大会がWGCアクセンチュアマッチプレーデビュー戦でしたが、難なく1回戦の壁を突破しました。


ワトニーはツアー屈指のパワーヒッターでもあり、とにかく恐れずにガンガン攻めてくるタイプ。今大会が開催されているコース(リッツカールトンGC)はPGAツアーの年間スケジュールで最長のセッティング(7,833ヤード)になっていて、ワトニーにとっては最適な舞台。2回戦はゲーリー・プレーヤー・ブラケットの第1シード、リー・ウェストウッドとの対戦になり、面白いマッチアップになりそうです。


池田 VS ワトニー のスコアカード


iconicon
WGCアクセンチュアマッチプレー選手権モイステックスクールポロicon

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com