マスターズ最終日は新バージョン片山晋呉に注目!

石川遼が惜しくも予選落ちしてしまったマスターズ。


日本の視線は最終日を6位タイでスタートする片山晋呉に集中している。
初日から安定したショット、アプローチ、パッティングを見せ、まるで日本ツアーでプレーをしているかのようだ。


そんな片山を見て"おやっ!"と思った人もいるのではないか。
今までナイキ一色だった片山からナイキのロゴ(スウォッシュ)が消えている。


090412katayama.jpg
Photo:flickr(thegordons


実は2009年2月をもってナイキとの5年契約が満了していたのだ。


今シーズンから片山が選んだのはクラブ「ダイワ精工(ONOFF)」、ウェア「ダンスウィズドラゴン」、ボール「タイトリスト」、シューズ「アシックス」とそれぞれの特性を活かしたものだ。


特に注目はクラブの契約ではないだろうか。ダイワ精工といえばどうしても釣具のイメージが強いが、オシャレブランドとしてONOFF(オノフ)を展開している。(ONOFFって見たままだが、「ONとOFFを上手に切り替える」みたいな意味の造語らしい。)


そしてタイトリスト以外は契約しているプロゴルファーが少ないのも注目したいところ。片山自身も自分の意図通りに開発してくれることを選んだ重要なポイントに挙げていた。


そんな新しいギアで乗り込んだマスターズで見事な成績を残している片山。
ちょっと違った視点で最終日の片山晋呉を見てみるのもおもしろいのではないか。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com